クリーニング スーツ



オーダースーツ ブログ 前のページ 松はじめブログ2ページ松はじめブログ3></a><img   src=松はじめブログ4松はじめブログ5ページ松はじめブログ3ページ






ナチュラルクリーン 中田代表「松さん、洗いあがったよ」




スーツコンシェルジュ 松はじめ中田代表、
なんだか色が鮮やかになってる!
それに・・・




 

クリーニング スーツ


スーツコンシェルジュ 松はじめそれに、ずっと嗅いでいたい良い香り〜




小寺 沙奈江代表、羨ましいです〜



(コンシェルジュ小寺、突然出てきたようになってしまいましたが、この視察、小寺も一緒だったんです。 )




1日働いて帰ってきた後、

湯船に浸かる、ふぅ、と一息つく。

今回水洗いクリーニングを終えたジャケットは、そんな気持ちだったのではないでしょうか。



あ、もう洗っていたということは・・・!
実際の私のジャケットを洗うところの写真を押さえられませんでした〜


P1090212

これが水洗機にて洗っているところ

P1090215

洗い上がったスーツたち。なんだかシワシワである。




洗いあがったリネンジャケット4
ドイツ製の人体整形乾燥機でしっかり乾燥成形した後は、裏地を整えていく。


洗いあがったリネンジャケット6

洗いあがったリネンジャケット8

洗いあがったリネンジャケット9

今回、仕上げはビシッとではなく、
あえて自然なシワ感のある洗いざらし風に。


スーツコンシェルジュ 松はじめいやーこの時点でしっくり!良い感じです、
瞬時に私の希望や好みを読み取っていたただいたようで。




洋服のセンスをスタッフの皆さんがお持ちだからこそ、多くのアパレルや各ブランドから信頼されているのだと実感であります。

 


洗いあがったリネンジャケット5

さあ、裏地を整えるところを拝見といきますか。  


ロロピアーナ スーツ

ブリオーニ スーツ

と!

そこにちょうど洗い上がったロロピアーナのスーツとブリオーニのスーツが!


なんと、わざわざ仕付まで打ってある。

 


袖裏のアイロン2

まずは袖裏から。



袖裏にアイロン 

スーツの裏地はキュプラという化学繊維が多い。
表同様に裏も洗いたての段階ではくちゃくちゃになっています。

 

中の芯地も水を吸って膨らんだり、折れ曲がったりしていますから、それを修正しながら裏側からバキュームで引きながら小刻みに叩くようにプレスして、表と裏を一体化していきます。



スーツコンシェルジュ 松はじめブローでのシワ伸ばしだけだと、モワ〜っと風船みたいにキュプラの裏地が膨らんでしまって、まとまりなくキセも取れなくなるのだと聞きました。
裏地って時間かかりません? 



ナチュラルクリーン 中田代表

「裏地はすごく時間がかかります、1時間で4枚しかできません、4枚ですよ!

だからね、商売と言うより・・・好きじゃないとできないんですよ。」 






ブリオーニ

 
袖裏が終わると、今度は背裏です。

背裏も細かなシワが目立ちます。

 特に高級なスーツ程、細く撚りの強いキュプラが使われていて、これはすべり感もあり、肌触りはよいのですが、水に濡れると撚りが戻って細かなシワができます。

 

 

このシワを取るため、細かく霧を打って、裏地専用のアイロンで、高温でプレスしますが、シームや芯地の当たりが出ないように、ブローしながらアイロンをかけたり、また、表地や芯地との一体感を出したいところは、バキュームを使いながら整形します。

 


スーツコンシェルジュ 松はじめバキュームで吸いつけて固定しながら、スチームを素早く吸い込んで、形を崩れにくくするんですね。


 
 

ナチュラルクリーン 中田代表

「バキュームは1歩間違えるとシワ入ります。

特に繊細な生地はね。」

 


スーツコンシェルジュ 松はじめでもクリーニング工場にバキュームなんてあるんですね?





ナチュラルクリーン 中田代表

「素材や用途によって、バキュームとブローを使い分けますね。
しっかりとプレスを効かせて、張り感を出したい時はバキューム、
柔らかさを出したい時や起毛した生地、そして、当たりを出したくない時はブローを使います。」



小寺 沙奈江 

そこまでやるんですね!



 
ナチュラルクリーン 中田代表

「シワを取るだけならブローでいいですが、でもそれだけじゃあ整形できないからスーツにならない。

立体感を出すにはバキュームを使ってしっかりと形を造ります。」

 




この日、
偶然、ナチュラルクリーンを愛用しているというリピーターのお客様で経営者の方が見学をしていました。

 


ナチュラルクリーン 中田代表「Iさん、ちょっとやってみますか?」




I社長、急遽背裏プレスにチャレンジしてみることに。

アイロン 

これ、簡単そうでなかなか難しい。



どうしても裏地と表生地との帳尻が合わなくなってしまうのです。

簡単そうでなかなか難しい。



ナチュラルクリーン 中田代表

「消えたように見えてもね、水で洗うと、、、
また出てくるんですよ、裏地のキュプラのシワ。」




スーツコンシェルジュ 松はじめはぁ、ではシワ出たら再度この工程をやるんです?




ナチュラルクリーン 中田代表「はい、3回やることになったりします。

水洗い後の裏地と表地を一体化させる「芯据(しんずえ)」、これができて初めてプレスマンとして認められます。」
 


小寺 沙奈江これはもはやクリーニングというより、
服作りのようですね!



洋服を生かすも殺すもプレス。そしてそこには技術を要し、手間がかかります。




クリーニング プレス



さらにドライクリーニングでは必要ないと思われる、ホフマンの肩プレス機が置いてある。



ナチュラルクリーン 中田代表「これは、肩のシームを伸ばし、人の体に合わせて前肩に整形するプレス機です。」




前身頃、背中、肩、袖、ラペル、見返し・・・
施されてゆく、それぞれのパートに合わせた適切なプレス。

全てをハンドプレスする場合以外は、
ドライクリーニング店では必要ない高額な縫製工場で使用するような専用のプレスマシンと、熟練した職人たちが織り成す合わせ技で。

これが水洗いクリーニングは、
まるでオーケストラ。 


 


スーツコンシェルジュ 松はじめ

いやーなにか
すでに感動してしまい、ました、うるっと。






ナチュラルクリーン

この後、私も着用して体感するわけですが、
だから着心地が良く、立体感がある、サラッとした良い服が着れるというわけであります。

ナチュラルクリーン2

まるで中古で購入したレトロな外車のメンテナンスのように、

意外にもこんなにも細かなところに手間がかかる。
 
 
 

スーツコンシェルジュ 松はじめ

それでも水洗いクリーニングにこだわるのはなぜなんでしょう?






汗汚れはドライクリーングで落ちない?

ここでシミ抜きを行っていらっしゃった

ナチュラルクリーンの創始者、山田会長にお話を伺いました。

(お忙しいところ恐縮であります)



ceo2 (2)

「ドライクリーニングは皮脂や油は落とせます。

また、大気中のばい煙の汚れなど、衣類の外側に付く油性の汚れの多くは落とせます。」
 



小寺 沙奈江そうでしたね。



スーツコンシェルジュ 松はじめここまでで非常に良く理解できたと思います。





ceo2 (2)

「でも、人間の体から出る、蛋白質・塩分・アンモニア等の水溶性の汚れは落ちない。






スーツコンシェルジュ 松はじめつまり汗など水溶性の汚れもドライクリーングでは落ちない。
それは服にとっても良いことではない、そうですよね?



ceo2 (2)

「致命傷です、この汗が落ちていないというのが繊維にとっては。
 

変色したり、黄ばんだり、硬化したり、シミが浮いて出てきたり・・・。」




スーツコンシェルジュ 松はじめ臭ってきたり・・・




ceo2 (2)

「汗の成分が繊維の中に残っていることによって、その成分が栄養となって雑菌が繁殖し、あの、すえったようないやな臭がしてくるわけです。




スーツコンシェルジュ 松はじめ雨にずぶ濡れになったスーツをそのまま部屋干しした時のような・・・汗が落ちずその成分が栄養になるから雑菌が繁殖するわけですか。


 

ceo2 (2)

「だから繊維のためにも、それこそ、人体や、自然環境の為にも水洗いがいいということに行きついたわけです。

私は水洗いをやる前の25年間はドライオンリーで地域シェア48%取る勢いで、イケイケでやってきました。」
 


スーツコンシェルジュ 松はじめいやいや会長、48パーセントって半分近くじゃないですか、自動車産業でいうトヨタですよ!
イケイケというか、ビジネスとしては安泰、最高潮、なのに転機が訪れた、と?
(48%シェアは実際にトヨタ以上である)


ceo2 (2)

「、、、体の調子が悪くなり、特に唇の痺れが止まらなくなったりとですね。

環境問題の勉強をすることによって考え方が大幅に変わり、

思い切ってドライをやめて水洗いに転換しました。





考えてみれば当時はムチャクチャ、

極端なことをやったものです。」


 
 

スーツコンシェルジュ 松はじめ

これまでやってきたことからのシフト、
きっとそれは我々メンズが例えばクチュールにシフトするくらい、

大戸屋がフレンチにシフトするくらい、、そのくらい極端ですよ。







ceo2 (2)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・











ceo2 (2)
会長に大戸屋をご理解いただけただろうか?
と自身の比喩表現に今更ながら後悔。









ceo2 (2)

「・・・ただ、ムチャクチャやったお蔭で理屈や理論ではわからないことを一杯体験して勉強できました。松村がケアの達人になれたのも、そのお蔭です。理屈理論よりも、失敗を含めていろんな体験や経験を積み上げていったわけですから。」




スーツコンシェルジュ 松はじめその精神、私も初代なので会長の1/10くらいでしょうが、わかります。
中田さんになってかなり社は変化したのではありませんか?


 

ceo2 (2)

「私が倒れて責任者が中田氏に変わってナチュラルクリーンは随分変わりました。
中田氏が純粋に服好きの素人さんだからよかったのです。」




 

スーツコンシェルジュ 松はじめ

中田氏は素人?

確かにクリーニング屋等じゃなくて、経歴はお寺の住職であり、保育園の理事長も務められていますもんね。

今お話しししているとその道30年のプロにしか見えませんが・・・


ceo2 (2)

「砂に水が染み込むようにどんどんいろんな技術やケア方法を学習吸収して、常に顧客の要望や目線で、クリーニングの枠を超えた新しいナチュラルクリーンを再構築していきました。」




スーツコンシェルジュ 松はじめ

既成概念のようなのがないですもんね、異業種からだと。
でもそういう変化は職人魂というか、既存のものに固執されなかったんですよね?



ceo2 (2)

「それを一番望んでいたのは、実は倒れた私であったわけです。」





スーツコンシェルジュ 松はじめ

私も倒れ緊急入院して、初めてスタッフを信じるということの大切さや、経営していく中での理念の大切さ、そういうものを実感しつつも自分の想いや理想がきちんと表現されるか?を心配しました。しかし反面、新しい創造力でどんなモノが生まれるのか、とワクワクしたたことがあります。離れていった仲間もいますが・・・

 
でも方向転換しつつも、ドライも残したんですね?


ナチュラルクリーン3

ナチュラルクリーン5
こうしている間にも次々プレスが。クリーニングの工房にいるとは思えない。

 

ceo2 (2)

「現在は、当然主役は「水」ですが、
今は「ドライ」も「水」も両方を生かし合うようになりましたし、あらゆる複合技術を使ってベストな復元を可能にできるようになりました。

まあ、両極端から一回転して「当たり前」に戻ったということですね。ただ、遣っていることは以前よりもワンステージもツゥステージも上がった。それが、水洗いした爽快なスーツをマシンとハンドの融合で手間暇かけて最適な復元状態に戻すということだったんです。」



小寺 沙奈江とおっしゃるとどういうことですか?

 



ceo2 (2)

「単純に言えば、
やれることを手抜きなしで全力でやり出したらこうなった!ということなんです。
こだわるというより、そういう方法が一番スーツがキレイに復元できるから、着心地がいいから・・・。」




小寺 沙奈江先日のヒルナンデスだとバッグとかダウンが映ってましたが、スーツのクリーニング依頼も多いんでしょうか?



ceo2 (2)


「とにかく、うちは昔からスーツの入荷が多いです。
スーツの水洗い。」




小寺 沙奈江そうなんですね。





ceo2 (2)

「それもシリコーンドライのシリコーンを繊維に含ませたままクラスタルウォーターとマイクロバブルうと、ほどよいしっとり感やコシが出て、とってもいいんですよ。


汗の成分が落ちて5グラム軽くなることによってたまらなく着心地がよくなりますし、その気持ちを良さを体感すると、もうやみつきになってドライに出せなくなります。」


スーツコンシェルジュ 松はじめクラスタルウォーターは先ほど松村さんが解説してくださった水ですね。
いやー私のもどうなるか、、楽しみですよ。



ceo2 (2)

「上質なカシミア、アルパカ、ウール、コットン、シルク、リネンなどの天然素材ほど、一度シリコーンに入れて水洗いするととっても風合いがいいので、とってもお客様に人気があります。

水だけだと・・・ちょっとパサついてしまうんです。」

 


ceo2 (2)

「また、品物を最適に復元するのが目的なので、スポッター(前処理)で汗抜きをしてシリコーンドライに入れ、水洗いしないこともあります。


こうなってからというもの、とってもレディスの入荷が増えました。

そのレディスのプレスを担当しているのが、実は私の妻です。」

小寺 沙奈江

レディスは奥様が!






P1090275

 


ceo2 (2)

「手前味噌になるかもしれませんが、彼女の感性と美意識は実に素晴らしい。
とにかく色、素材、ディテールを生かし、その洋服の持つ独特のシルエットを見事に復元していきます。また、スタッフの躾には厳しく、常に母性的なおもてなしの心、お客様への気配りや配慮を実践的に伝え続けています。」



スーツコンシェルジュ 松はじめ会長!女性は強しということですね。 

いや、弊社も女性クルーが男性を圧倒するデザインやフィッティングを行います、休日厭わずここまでかってほど真剣。おもてなしや心配りは男性陣が見習わないといけませんよ。
やっぱりレディースも増えてるんですか?

ceo2 (2)

「昔はメンズ8割、レディス2割だったのが、
全体的に入荷も増えて、今ではメンズ6割、レディスの4割の割合になっています。」





小寺 沙奈江






P1080852

 

ceo2 (2)

「とにかく今のナチュラルクリーンの「ウォータークリーニング」は、水洗にこだわっていても、水洗いまったくこだっていない。

最適な復元結果を出すことがすべてですから。
随分遠回りしましたが、結局はここに行きつきました。


 


スーツコンシェルジュ 松はじめ

なるほど、洋服の最適な復元が目的だからこそ、
水洗いにこだわって、水洗いにこだわらない。

ドライも水洗いもトコトンやり切ってきたからこそ出てきた結論ですよね。




会長の話には、その経験に裏打ちされた大変な重みがあります。
村上春樹の小説など以上に、言葉の奥の意味を捉える必要があるなと、
未熟な私どもは感じるわけであります。


 

ドライと水洗い、
光と影、水と火、そのくらい両極端を体験することによって、実は知識では得れない技術力や、洋服の復元に関してベストなバランス感覚を身に付けていかれたのだと思います。

それが、普通の「水洗いクリーニング」とは違った、
まさに甘いも辛いも知り尽くした、ナチュラルクリーンの「ウォータークリーニング」なのでしょう。



クリーニングは奥が深く、みなひたむき。


クリーニング店で働いている方には、とても働き者なイメージがある、細田監督もそんなイメージをお持ちだそうで。






 
スーツコンシェルジュ 松はじめ中田代表、5g軽くなる、おっしゃっていた件、
 私の洗っていただいたのを羽織るのが楽しみです。


 

ナチュラルクリーン 中田代表

「この5g、体験しちゃうともう、、元に戻れなくなっちゃうよ。

水洗い後の肌触り、軽さ、着心地の良さ・・」


 

スーツコンシェルジュ 松はじめ

中田代表〜私のジャケも色んなモノが軽くなりそうです!!





ナチュラルクリーン 中田代表

「プレス歴60年の中川名人の技はまだ見てませんでしたよね?」




小寺 沙奈江まだです、ぜひお願いします!




ということで、次回最終回は、
78歳で生涯現役を目指す中川名人の職人芸!
そして、、、ドライクリーニング誕生秘話です。 








オーダースーツ ブログ 前のページ 松はじめブログ2ページ松はじめブログ3></a><img   src=松はじめブログ4松はじめブログ5ページ松はじめブログ3ページ

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。