オーダースーツの着こなし方、結婚式パーティースーツ、新郎衣装タキシードまで、述べ2,000人以上のフィッティング&カウンセリングを行う、オーダースーツコンシェルジュが綴ります。

オーダースーツコンシェルジュ 松はじめのスーツ着こなし方ブログ

洋服物語 スーツ・タキシードの歴史

シアサッカー ジャケットにスーツ 着こなしと歴史

RIMG3061

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネ 表参道の松はじめです。

いよいよ夏本番!
これからの季節のカジュアル&ビジネスシーンで、見た目にも実際の体感的にも涼しい、肌にもベトつきにくい夏の定番ジャケットといえば、ブルーの縞ジャケットが代表的なシアサッカー生地です。シアサッカーは語源ペルシャ語のshirushakaerという文字があてられていて、【ミルクと砂糖】という意味を持つのです。

今年もたくさんのオーダーが入っております。

シアサッカー素材はコットンの織物で、一般的には夏用のカジュアルジャケットに用いる素材です。その他、パジャマにも使われますので、それもあって、パンツとセットアップで着ると、パジャマを着ているような印象になりますね。休日のお洒落着としてシアサッカーのベストも人気があります。
 

シアサッカー生地を拡大してみてみましょう…

続きを読む

ボウタイ 蝶ネクタイの由来

IMG_3160

オーダースーツ ボットーネの松はじめです。

先日表参道へ移転しまして、もう1週間。
少しあわただしかったので、大々的に発表やご挨拶できずにおりましたが、それでもすでにたくさんの方においで頂きました。そして、皆さまに言われるのが、

「前のところより断然良いね~」というお声です。
実は移転は1年前から考えてはいたのですが、なかなかしっくりくる物件や立地がなく、妥協せずこだわりました。仲間で空間やディスプレイを考え、ショップカードをデザインし、、、
徹夜が続いて大変なこともありましたが、お客様から頂く感想や励ましの声ですべての苦労が吹き飛んでしまいました。みなさま本当にありがとうございます。

はじめての週末も、ご遠方からもたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。
お客様に気持ち良く、これまで以上に洋服を楽しんで頂けるよう、よいサロンにしていきます。



さて、秋のブライダルシーズンに向かって、結婚式衣装の打ち合わせも増えてまいりました。
フォーマルタキシード スタイルに合わせるものとしては、ウイングカラーシャツにアスコットタイやボウタイとなります。
そんななかでもボウタイのご注文が増えてきております。ボウタイは蝶ネクタイとも呼びますね。ボウタイ=棒タイではないんですよ…
続きを読む

レジメンタルストライプのネクタイは向きにご注意!

IMG_0019
オーダースーツコンシェルジュ ボットーネの松はじめです。
もし皆様の中で国際的なビジネスをなさっている方がいたら、ストライプ柄は避けましょうね。
斜めにストライプが入ったネクタイを、レジメンタル・ストライプ・タイといいますよね。レジメンタルというのは、イギリスの連帯(regiment)の意味なのです。レジメンタル・ストライプというのは、文字どおり「連隊の縞」。英国各連隊に伝わる連隊旗にちなんだ、斜めのストライプを指しています。16世紀、Regimentは、イギリス軍最大の常設部隊とされていました。ですがネクタイに採用されたのは19世紀の後半になってからなんですよ。
ところで、実はシーンによっては身に着けてはいけないレジメンタルタイがあるのをご存知でしたか?皆さんの持っているレジメンタルストライプのネクタイは、右に向かって上がっていますか?それとも下がっていますか? 続きを読む

クラシックなスーツスタイルとは

リードテーラー

オーダースーツ 東京ボットーネの松はじめです。

スコットランドの名門生地、リードテーラーという生地で仕立てた一着。拝みボタンでクラシックフォーマルな仕様ですね。


イギリスの仕立て屋さんの街があります。
それが「サヴィル・ロウ」。

それが日本で「サヴィル・ロウ→→背広(せびろ)」という言葉に変わったという説もあるんです。
他にも、単純に、背中の一枚当たりの布の面積が、モーニングコートよりもスーツの方が広いから、背中が広い=背広、という説もありますよ。

そんなわけでありまして、どういうわけで背広と呼ばれ出したかは定かではないのですが、現在のスーツをたどると、必ずイギリスに行きつきます。
そもそも衣装というものは、もともと宮廷服、それが乗馬服になり、フロックコート、燕尾服から現在のスーツになりました。
でも、なぜイギリスの服が世界に発信されたのでしょう…? 続きを読む

なぜ黒スーツはフォーマルになったか?フォーマル服の進化 17世紀~

CCF20101115_00000

オーダースーツ 東京ボットーネの松はじめです。

スリーピーススーツスタイルのはしりの一つがこちら、写真のスタイルです。本日はかなりタイムスリップしてみましょう。スーツやタキシードは、歴史が深いですからね。

服の起源は何?と考えると、寒さ対策や肌を守る目的ではないでしょうか?
そこに今度は武器を付けやすくしたり、乗馬しやすくしたりと機能面で優れさせたり、または階級や時代を象徴するものになったりと、発展してきました。
例えばトレンチコートのウエストベルトについている、Dかんという金具は、手榴弾をひっかけるためにつけられています。トレンチを持っている方はぜひ確認してみてくださいね。

ところで、当時は男性も華やかだった衣装、なぜ現代の正装、ブラック基調になったのでしょう…
続きを読む
スポンサードリンク
スーツコンシェルジュ
松 はじめ

身なりで、
紳士なあなたを作る。

私たちは、仕立て服を通して、あなたの紳士な服装、紳士な振る舞い、あなたらしいライフスタイルの追求をテーマにしています。

ブログカテゴリー
■スーツの着こなし
  ┗スーツ着こなしのルール
紳士の知識
  ┗スーツができるまで
  ┗スーツの歴史
  ┗生地の柄
  ┗結婚式の服装(男性)
  ┗スーツ小物
  ┗パーティースーツ

仕立てた洋服集

■生地やブランド
  ┗スーツ生地やブランド
  
■アイテム別
  ┗オーダースーツ
                              ┗オーダータキシード
  ┗オーダージャケット
  ┗オーダーシャツ
  ┗オーダーネクタイ
  ┗オーダーコート
  ┗フォーマルスーツ
  ┗ベルベット
     ┗子供スーツ
     ┗新郎タキシード

■ハウトゥ
  ┗スーツのお手入れ
  ┗オーダースーツで失敗しない方法
  ┗ネクタイの結び方
  ┗マフラーの巻き方
  ┗チーフの挿し方
  ┗靴のお手入れ

■スーツで出掛ける
  ┗スーツでグルメ
  ┗スーツの似合うバー
     
■私たちのこと
  ┗ボットーネはこんな会社
  ┗ボットーネのこだわり
  ┗メディア掲載実績
  ┗松はこんなやつ
オーダースーツサロン
ボットーネ公式サイト

営業時間(完全予約制)
週末11:00 〜 平日12:00〜 最終入店20:00〜
定休日: 水曜・木曜

Bottoneサロン内観

表参道ヒルズのすぐ裏、
アトリエのようにひっそりとやっておりますので、看板は出していません。 集中して良いお客さまの服を作れるよう、ご予約制にしています。
ビジネススーツ・ジャケット・コートのオーダー
上下102,000円より。

採寸予約・お問い合わせ
オーダータキシード
新郎様の衣装(オーダータキシード)をお仕立て。挙式後はスーツにリメイクできるサービス。

新郎様の衣装をレンタルと同額でお仕立て。挙式後はスーツにリメイクするサービスです。

オーダーのご依頼はこちら
お客様の声
オーダースーツ 口コミ

これまで制作したスーツや、お客様から頂いた声です。

line IMG_9998

藤岡弘、様のオーダースーツを制作させていただきました

line

浅草キッドの水道橋博士様のスーツ制作をさせて頂きました

line 篠塚様と

長野五輪ロゴデザイナー篠塚様のオーダースーツを制作させていただきました

山本 裕ノ介 様

山本直純様がお父様であられる、チェリスト&指揮者、山本裕ノ介様の赤いタキシードを制作させていただきました

line ドミニク・ドーメル氏と
ドーメル代表取締役

フランス生地マーチャント、ドーメル代表取締役ドミニク・ドーメル氏にご挨拶させていただきました

lineドーメル テキスタイルデザイナー

ドーメル・テキスタイルデザイナー アイリーン氏にご挨拶させていただきました

line 服部幸之助

クチュールモデリスト 服部幸之助氏主催のパーティーに参加しました

line ホーランドシェリー社 マーク氏

ホーランドシェリー社 極東担当マーク氏がサロンにいらっしゃいました

lineホーランドシェリー社 ブラウン氏

ホーランドシェリー社 テキスタイルデザイナー ブラウン氏と会食をしました

知識やロマン編
スーツの着こなしや楽しみ方

スーツの着こなし方や楽しみ方について書いた過去の記事です。

lineスーツ生地 色・柄・歴史

スーツの生地の色・柄・歴史などについて書いた過去の記事です。

lineスーツの歴史、うんちく

スーツや洋服の由来やロマンなどについて書いた過去の記事です。

line結婚式スーツ・服装 男性

結婚式の時の服装、スーツのルールなどについて書いた過去の記事。

line

スーツ着こなしのルールについて書いた過去の記事。

ハウトゥー編

スーツのお手入れ方法、たたみ方などについて紹介した過去の記事です。

line お洒落なネクタイの結び方・巻き方・締め方

色々なネクタイの結び方について紹介した過去の記事です。

line マフラーの巻き方 男性

色々なマフラーの巻き方について紹介した過去の記事です。

line ポケットチーフの挿し方

色々なポケットチーフの挿し方について紹介した過去の記事です。

line 靴の磨き方 靴磨き お手入れ方法 line

靴磨き方法、靴のお手入れについて紹介した過去の記事です。

メディア掲載実績
子供オーダースーツ
2010.3.23 週刊女性4月6日号
line NHK
2010.3.3
NHK総合 おはようニッポン
line
2010.3.2 NHK BS1 経済最前線
「男性のおしゃれサポートします」
line NKK
2010.02.09
「NHK WORD NEWSLINE」
line 仕立てのいい男には技がある
オルビス メンズスキンケアgarra「仕立てのいい男には、技がある」
line 世田谷テレビ
2008.11 世田谷テレビ
line 一流の技を自宅に
都心に住む「一流の技を自宅に」
ボットーネのプライベートサロンは、完全予約制のあなたスタイルクリニック。オーダースーツやオーダータキシードを、約45日で制作。
スーツコンシェルジュ 松はじめ

  • カウンセリング&採寸 最大120分個別対応
  • 著名人もリピート。表参道の看板のないサロン
  • オーダースーツ 1着102,000円〜
  • まずはメールフォームからご予約下さい











2席だけの小さなオーダーサロンです。ご予約で埋まっていることが多いため、ご着用希望日がある場合はお早目にご相談下さい。
株式会社ボットーネ 表参道
© Bottone Inc.