オーダースーツの着こなし方、結婚式パーティースーツ、新郎衣装タキシードまで、述べ2,000人以上のフィッティング&カウンセリングを行う、オーダースーツコンシェルジュが綴ります。

オーダースーツコンシェルジュ 松はじめのスーツ着こなし方ブログ

洋服物語 スーツ・タキシードの歴史

なぜイタリアスーツは色っぽいのか?

IMG_9177


オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

ブリティッシュスーツの起源では、今のウールスーツがどこで誕生したか?を追ってきました。
ボー・ブランメルという記事では、現代のようなスーツスタイルを作った男、ブランメルを紹介しました。


ところで、まだ上記の歴史にイタリアのスーツが出てきていませんね。
スーツは英国起源はわかったけど、イタリーのスーツはどうやって普及していくのか、
そしてどうしてブリティッシュスーツにはない、あの色っぽさが、イタリアスーツにはあるんでしょう? 続きを読む

ボー・ブランメル

philosophy_dandyism


オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

ファッションは、時代の変化とともに、
柔軟かつ大胆にそれを表現した者がシンボルとなる。


私はそう思います。



前回、ブリティッシュスーツの起源という記事で、歴史を追っていくなかで、ウールスーツらしきスリーピースが宮廷に登場した時の模様までをお伝えしておりました。今回は、いよいよあの紳士の登場です。


前回までチャールズ1世、チャールズ2世とご説明してきた英国王室、この後の王室は、チャールズ2世の兄弟であるジェームズ2世、その息子ウィリアム3世とメアリー2世、アンとスチュアート朝が続きます。その後ハノーヴァ朝に。ジョージ1世、ジョージ2世、ジョージ3世、ジョージ4世、ウィリアム4世、ビクトリアと続いていくのです。

ちなみに、映画にもなった英国王のスピーチに登場する、英国史上最も内気な王、というのがこの後のウインザー朝、ジョージ6世です。



ハノーヴァ家、ジョージ1・2・3世まではファッションでのあれやこれやというのは特別はなかったようです。ファッション時代の変革といえば、1762年誕生の、ジョージ4世でした。父、ジョージ3世はゆったりと落ち着いた宮廷を作っていたため、良くも悪くも波風なく可もなく不可もなく、といった暮らしだったといえます。その子、ジョージ4世は、非常にユニークな組織を作ります。
IMG_8673 

地理学、天文学、植物学を奨励し、フランスのバレエダンサー、フランス料理のコック、騎手、道化、格闘家、そして仕立て屋などなど、実に様々な人間がジョージ4世のとりまきでした。


そして、このとりまきに、鳥肌が立つような1人の洒落者(ジョージの学友)がいたのです… 続きを読む

ブリティッシュスーツの起源

IMG_8812

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

おぉ  、と声にならないような心の声。
できた。  うん、いい。

ドレープ感、色、理想通り。細部までも、これは上品、あまりにも。



私自信の誂え服、ダブルブレステッド・タキシード。
極細番手を取り寄せて制作しましたので、着ている感じはまったくなく、気づかれない程に濃紺。それから、こだわって拝絹(襟の部分)も紺。

自分の体感を通して、この嬉しい感覚を、こだわりを持つ多くの紳士に味わっていただきたい、そう強く思う瞬間でもあります。着用は7月のクライアント様の結婚式です。




昨日、タキシードが完成したからか、英国服について思いを馳せて移動していましたら、ふと我に返って周囲を見渡すと、、、
あまりの上着非着用率!?
現代ではそれを「クールビズ」と呼ぶらしく、ハットはおろかタイすらもしていないではないですか。

そんな、下着姿の国、日本の夏がやってきましたが、私は今日も総裏スーツでした。


暑くないですか?と聞かれるのですが、そういう問題ではないのです。まぁ慣れたとはいえ暑いのですけれどね(笑)
それでも打ち合わせに出かけますと、受付の綺麗な女性の方に
「上着お預かりいたしますが?」と言われ、いえ結構、というのも毎回で申し訳なくなってきた今日この頃であります。


IMG_8796


ウィレット・カンニングトン博士著作、十七世紀の英国の服装ハンドブックによりますと、1963年の書物ですが、男性の洋服は、このようになっています。男性の服装 コート、ウエストコート、ブリーチズ着用

コートが上着ですね。ウエストコートがつまりはベスト、ブリーチズとはショートパンツ(半ズボン)ということです。

本日は画はチャールズ1世(左)から、英国、ブリティシュスーツの原点を辿ってみたいと思います… 続きを読む

メンズとレディース 前ボタンの左右付く位置が違う理由とは?

IMG_7274

オーダースーツ サロン ボットーネの松はじめです。


ボットーネのロゴ


週末はたくさんの優雅な打ち合わせ時間を共有させていただきました。
 春の新作生地がもう少しで全て出揃いますが、今も続々と登場している新作は、どれも目移りしてしまいます。 

じっくり話しながら悩んで選び、なかには何度も通ってくださった方もおり、デザインやディテールもついに決定。
ベストの追加希望にお応えできるかどうか(生地が到着しているので)は週明け、カッターの腕次第となったオプションもありましたが、良い洋服が生まれてくることは間違いありません。



さて、 男性のスーツのジャケットと女性のスーツのジャケットを比べますと、決定的な違いがひとつあります。
男性の洋服は、前ボタンが右についています。
女性の洋服は、前ボタンが左についています。

IMG_4246


堀川様-斜め前2

重ね合わせてもまったく逆ですよね。
一体なぜこのようなことになっているのでしょう?
続きを読む

ベルベット・タキシードと誕生秘話

IMG_5835

オーダースーツサロン ボットーネの松はじめです。

こちらのタキシードは、着こなしを、モード的ファッションではなくあくまでもスタイルとして捉えた、上品なベルベット素材のタキシードです。 
起毛した艶やかな雰囲気、ベルベット・ジャケットは最近も変わらず注目を集めていますが、タキシードにしても素敵です。


当店ではこれまで、様々な方の様々なタキシードを制作してきました。

カンヌ映画祭でご着用のタキシード、
ラスベガスで開催されるパーティー用のタキシード、
ご結婚式の新郎さまのタキシードや、ご親族の方のタキシードなど、用途も様々です。


日本でも結婚式以外に、フォーマルな洋服を着ていただけるシーンが増えてゆくと嬉しいのですが・・・



本日はタキシードのちょっとした誕生秘話です… 続きを読む
スーツコンシェルジュ
松 はじめ

身なりで、
紳士なあなたを作る。

私たちは、仕立て服を通して、あなたの紳士な服装、紳士な振る舞い、あなたらしいライフスタイルの追求をテーマにしています。

ブログカテゴリー
■スーツの着こなし
  ┗スーツ着こなしのルール
紳士の知識
  ┗スーツができるまで
  ┗スーツの歴史
  ┗生地の柄
  ┗結婚式の服装(男性)
  ┗スーツ小物
  ┗パーティースーツ

仕立てた洋服集

■生地やブランド
  ┗スーツ生地やブランド
  
■アイテム別
  ┗オーダースーツ
                              ┗オーダータキシード
  ┗オーダージャケット
  ┗オーダーシャツ
  ┗オーダーネクタイ
  ┗オーダーコート
  ┗フォーマルスーツ
  ┗ベルベット
     ┗子供スーツ
     ┗新郎タキシード

■ハウトゥ
  ┗スーツのお手入れ
  ┗オーダースーツで失敗しない方法
  ┗ネクタイの結び方
  ┗マフラーの巻き方
  ┗チーフの挿し方
  ┗靴のお手入れ

■スーツで出掛ける
  ┗スーツでグルメ
  ┗スーツの似合うバー
     
■私たちのこと
  ┗ボットーネはこんな会社
  ┗ボットーネのこだわり
  ┗メディア掲載実績
  ┗松はこんなやつ
オーダースーツサロン
ボットーネ公式サイト

営業時間(完全予約制)
週末11:00 〜 平日12:00〜 最終入店20:00〜
定休日: 水曜・木曜

Bottoneサロン内観

表参道ヒルズのすぐ裏、
アトリエのようにひっそりとやっておりますので、看板は出していません。 集中して良いお客さまの服を作れるよう、ご予約制にしています。
ビジネススーツ・ジャケット・コートのオーダー
上下102,000円より。

採寸予約・お問い合わせ
オーダータキシード
新郎様の衣装(オーダータキシード)をお仕立て。挙式後はスーツにリメイクできるサービス。

新郎様の衣装をレンタルと同額でお仕立て。挙式後はスーツにリメイクするサービスです。

オーダーのご依頼はこちら
お客様の声
オーダースーツ 口コミ

これまで制作したスーツや、お客様から頂いた声です。

line IMG_9998

藤岡弘、様のオーダースーツを制作させていただきました

line

浅草キッドの水道橋博士様のスーツ制作をさせて頂きました

line 篠塚様と

長野五輪ロゴデザイナー篠塚様のオーダースーツを制作させていただきました

山本 裕ノ介 様

山本直純様がお父様であられる、チェリスト&指揮者、山本裕ノ介様の赤いタキシードを制作させていただきました

line ドミニク・ドーメル氏と
ドーメル代表取締役

フランス生地マーチャント、ドーメル代表取締役ドミニク・ドーメル氏にご挨拶させていただきました

lineドーメル テキスタイルデザイナー

ドーメル・テキスタイルデザイナー アイリーン氏にご挨拶させていただきました

line 服部幸之助

クチュールモデリスト 服部幸之助氏主催のパーティーに参加しました

line ホーランドシェリー社 マーク氏

ホーランドシェリー社 極東担当マーク氏がサロンにいらっしゃいました

lineホーランドシェリー社 ブラウン氏

ホーランドシェリー社 テキスタイルデザイナー ブラウン氏と会食をしました

知識やロマン編
スーツの着こなしや楽しみ方

スーツの着こなし方や楽しみ方について書いた過去の記事です。

lineスーツ生地 色・柄・歴史

スーツの生地の色・柄・歴史などについて書いた過去の記事です。

lineスーツの歴史、うんちく

スーツや洋服の由来やロマンなどについて書いた過去の記事です。

line結婚式スーツ・服装 男性

結婚式の時の服装、スーツのルールなどについて書いた過去の記事。

line

スーツ着こなしのルールについて書いた過去の記事。

ハウトゥー編

スーツのお手入れ方法、たたみ方などについて紹介した過去の記事です。

line お洒落なネクタイの結び方・巻き方・締め方

色々なネクタイの結び方について紹介した過去の記事です。

line マフラーの巻き方 男性

色々なマフラーの巻き方について紹介した過去の記事です。

line ポケットチーフの挿し方

色々なポケットチーフの挿し方について紹介した過去の記事です。

line 靴の磨き方 靴磨き お手入れ方法 line

靴磨き方法、靴のお手入れについて紹介した過去の記事です。

メディア掲載実績
子供オーダースーツ
2010.3.23 週刊女性4月6日号
line NHK
2010.3.3
NHK総合 おはようニッポン
line
2010.3.2 NHK BS1 経済最前線
「男性のおしゃれサポートします」
line NKK
2010.02.09
「NHK WORD NEWSLINE」
line 仕立てのいい男には技がある
オルビス メンズスキンケアgarra「仕立てのいい男には、技がある」
line 世田谷テレビ
2008.11 世田谷テレビ
line 一流の技を自宅に
都心に住む「一流の技を自宅に」
ボットーネのプライベートサロンは、完全予約制のあなたスタイルクリニック。オーダースーツやオーダータキシードを、約45日で制作。
スーツコンシェルジュ 松はじめ

  • カウンセリング&採寸 最大120分個別対応
  • 著名人もリピート。表参道の看板のないサロン
  • オーダースーツ 1着102,000円〜
  • まずはメールフォームからご予約下さい











2席だけの小さなオーダーサロンです。ご予約で埋まっていることが多いため、ご着用希望日がある場合はお早目にご相談下さい。
株式会社ボットーネ 表参道
© Bottone Inc.