子供の歩みとテーラーとして

あけましておめでとうございます。
 
年末の慌ただしさはまるで遠い彼方。
新しい映画の最初のスライドの前の沈黙の瞬間のように、
静寂に包まれた元旦の街。

ふと、僕の手を握り返す命は、
いつの間にかこんなにも歩けるようになった驚きを与えてくれました。
今年もしっかりと歩んでいこうと決意した瞬間です。 

新年あいさつ回り 服装 スーツ



1月はロンドンをはじめ、ピッティなどコレクションも目白押し、
ファッションに携わらせていただく身になりおよそ10年、ワクワクする気持ちでいっぱいですが、
今年は今一度、
業界の発展に、来てくださるお客様のために、働くクルーとともに
もう一回原点回帰し、これから求められる新しいテーラーとしての使命を全うしたいと考えています。
2016年、
私たちには、もっともっと、伝える、ことができるのではないだろうか?と考えました。

7Q6A8262



お仕立てさせていただいた服に袖を通したときの感動、
物作りの物語、
着てくださっているお客様、生地選びに始まる期待感、


7Q6A8297


さらには、
ブライダルプランナーの、結婚式にかけるその情熱、
クリーニング職人の、あくなき探究、
業界のブラッシュアップのための、素材の追求、

こうした、単なる物ではない、コトを、
表も裏も、素直な想いを、ウェブ、紙面、言葉、写真、そして洋服を通して伝えていく、
伝えるをテーマに今年も精進したいと思います。



IMG_7426


さて、まもなく初仕事という方も少なくないと思いますが、
一年のスタート、気持ち良く挨拶回りしたいもの。

一年の計は元旦にあり、とはいいますが、
これから1年、宜しくお願いします、という気持ちを込め、
服装も抜かりなく引き締めていきたいところ。





仕事上でお世話になっている取引先や公的な関係の方への挨拶なら

ブランドに固執せず、
仕立ての良いダークスーツ×小紋タイは外しません。 
いわゆる、略礼装というスタイルも良いですね。

IMG_7413

新年なので、
敢えてパワータイも悪くないと思いますが。
スリーピースなら尚良しです。



ところで、近年のカジュアル化に伴い、
立ち位置や業界によってはスーツ以外のスタイルでももちろん問題はありませんが、
できればジャケットは着用したいところ。

 フランネルジャケット4

ボトムはデニムなどは避け、
ウール素材のグレーやベージュなどが好相性です。


新年あいさつ回り 服装 スーツ
靴は年齢にもよりますが、黒は鉄板ですが、
茶は悪くないと思いますよ。
ネイビー×茶はアズーロエマローネという王道のコンビネーション。




本年は、新年の挨拶周りのスーツを!
とのオーダーも少なからず頂戴し、 
年末前にご納品しておりましたが、
いよいよ、卒業式・入学式に向けたスーツのご注文の時期。

かくなる私も昨年は息子の幼稚園の入園式。
この日に向けて仕立てたネイビー・スーツがあったため、
物怖じせず望むことができました。

クローゼットには安心を確保しておきましょう。



ドーメルのパンツにタリアジャケット
早朝に目覚め、と、
ふと今年仕立てたキャメルヘアのコートのブラッシングを。
ケアすればするだけ、ダイレクトに反応を返してくれるのが天然素材です。

明日からのサロン営業の準備と、これから1年の計画を練っていました。
今日は、お気に入りタリアのジャケットに、アクアブルーのクルチアーニのタートルに、
ドーメルのパープルのコーデュロイで、足元は冬ながら軽快さをと、ブーツと迷った結果、ヌバックのタッセルで合わせてみました。




明日初仕事という方も少なくないのでは?
入念にお手入れされたネイビー三つ揃えで出社というのも、
気持ちが入りますよね。


明日は何着よう。
 
ボットーネのロゴ


ファッション、スーツ、ボットーネの最新情報はこちらでも日々更新しております。
ボットーネのブログ



例えば最近の記事では・・・

 服飾評論家。ファッション・エッセイスト。 国際服飾学会会員。 
主な著書に 「スーツの百科事典」 「男はなぜネクタイを結ぶのか」 「福沢諭吉 背広のすすめ」 「ボルサリーノ物語」 など多数の出石尚三氏の特別公演に参加!
出石尚三先生の特別公演 英国から来た流儀

素材の神と呼ばれる、メンズウエア素材の基礎知識の著者、ジャパニーズダンディ大西基之先生の講義を開催!
大西基之先生のメンズウエア素材の基礎知識講座

大西基之先生に聞く、リクルートスーツの定義ってなんだろう?
リクルートスーツは黒?紺?

英国生地、ハリソンズのジェームス氏に英国スーツ事情を直撃インタビュー!
ハリソンズ オブ エジンバラのジェームスダンスフォード氏に聞く英国スーツ事情

スーツ生地を扱うB氏、ミラノウニカという展示会の後、イギリス・ヨークシャーのハダースフィールドまで出張の模様!
イギリス生地の聖地 ハダースフィールドとは?

などなど、プロが伝えるスーツ情報をまとめています。
よろしければご覧ください。




ボットーネ ブログ


ボットーネのブログ

ボットーネウェブサイト

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。