IMG_9226

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

南青山にて、素材の展示会に行ってまいりました。
当日の成果としては・・・当店のラインアップで、またまた増えますのが、【裏地】なのであります。

537283_555047537869457_1483896558_n

551520_555047744536103_1056926345_n

この日は当店の女性スーツコンシェルジュ2名も同行。
女性目線の男性のお洒落談義に花が咲き、なかなかの選定。

既にこっそりお任せオーダーにつけてみたり・・・
なかなか好評です。


さて、本日はパンツについてです。
パンツには、立っているパンツと座っているパンツがある!!ご存じでした?
 
ズボンには立っているズボンと座っているズボンとがあります。

43


|立っているパンツ

立ち姿をスラ~~っと美しく見せるパンツ、ということです。

最近増えています。ビジネススーツでも立っているパンツのご要望が。
また、タキシードなどのフォーマルシーンでは特に!立ち姿にこだわる必要があります。



違いは、ヒップとシルエットです。
ただピッタリしたものを着ればいいというわけではありません。 
立っているパンツのヒップは、上がっています。

前後の股上の距離を変え、
ちょいと腰も変えます。

ヒップの出方や引っ込み方の形状に合わせることで、
うっとりするパンツが生まれます。


シルエットのポイントはですね、モモよりもヒザであります。



43


|座っているパンツ

立っているズボンで座ると、突っ張ります。
やはりヒップとシルエットが違います。

股上のテイストも変え、
ヒザもゆとりを変えます。
裾も短すぎてはソックスが見えすぎてしまうので、設計を変えた方が良いでしょう。



bottone028_MG_3232-2

この他に、
O脚用のパンツ、
ふくらはぎが出ている用のパンツ、
モモが張っている用のパンツ、
など色々なパンツがあります。



このパンツのシルエットやサイジングについては、独自のノウハウもありますのであまり多くを書けませんが、
オーダー店によってもかなりテイストが異なる部分だと思います。




IMG_9303



体型を見るために、
私たちもそうですが、フィッターがベタベタと身体を触る場合があります。
こうして左右の骨格の高さの、微妙な違いを補正に反映させていくわけです。



ナポリには、

実際に触って<TAMA>の位置を確かめるテーラーもいるのだとか・・・・・・

(誠に恐縮でございますが、当店ではその位置情報確認サービスは行っておりません)





ジャケットもサイジングがとても大切ですが、
パンツも大切。
フォーマルも、ビジネスも、さらにカジュアルも、しっくりくるパンツで過ごしたいですね。

IMG_9306






本日は最後に、調布 深大寺に行ったときの模様です。

tera

P1040487

P1040500

P1040519

調布、深大寺はゲゲゲの鬼太郎、水木しげるさんにゆかりのある地としても有名なスポット。
東京とは思えない緑と、口笛を吹きたくなる、レトロな雰囲気が特徴です。

P1040509

P1040469

たくさんの妖怪が迎えてくれます。が、、、


P1040503

砂遊びに夢中でありました。ここでも・・・

 

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。