IMG_2656

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

毎年1月は新年モードでゆっくりスタートしていたのですが、今年は息つく暇がないくらいのオーダーご希望を頂戴しています。1月頭にはじめて週末のみのご予約待ちが、2週間待ちということが出ました。

政権交代、株価の影響でしょうか?(生地の方は為替の関係であれこれしそうですが・・・)
ともかく皆様のお役に立てることは大変ありがたいことです。


年末から2名の女性スタッフが入り、4月からも1名。
な、な、なんとこちらも女性であります。
女性は男性の気持ちがわかるのだろうか?という勝手ながら固定概念があったのですが、

私たちはあくまでもお客様のご要望を適え、いつも良いねと言っていただけるようサービスに努める、大きなくくりでいえばサービス業ですから、女性スタッフのきめ細やかさがとても大事だと考えたのです。

IMG_0241

さて、スーツのジャケットのポケットの話です。
スラントポケット、と聞いたことはありますか?
スランテッドポケット、ハッキングポケット、実に色々な用語があります。


世間的には、
英国系のスーツに良く見られるディテールです!
と説明されていたりしますよね。

私、そこはちょっと疑問符なんですが・・・
 
ここを突き詰めると、そもそもブリティッシュ・スーツ・スタイルとは何?というところに向かってしまいそうですから、これはまた別の機会にしましょうね。

誤解のない表現にいたしますと、
英国風といわれるスタイルを演出するのに向いている、
とメディアが発信しているスタイルで用いられるポケットで、
 

1:イタリアっぽいスーツでもスラントポケットはたくさんありますよね(笑)
2:そもそもをいってしまえば全部元はブリティッシュ(英国)起源ですよね(笑)
3:英国で発表されたスーツは全部ブリティッシュスーツですよね(笑)

と職人M氏と談義していたのですが。




話を戻します。
さて、このナナメに角度がついたスラントポケット。
一体なぜこのようにナナメになっているのでしょう?


正解は1つです。
1:トレンドとデザインの問題、見た目がかっこいい
2:手を入れ易いし、状況によっては物が落ちにくい
3:職人の気まぐれ、自分が制作したという見栄と証
4:最敬礼をし続けなければいけない執事が、お辞儀をした状態で美しく見える
5:フリースラント諸島の角度から影響を受けたデザイン
IMG_0430



実は見た目重視でこのようにナナメになったのではありません。
フリースラント諸島は、、、関係ありません。



シンプルに回答すれば、


2:手を入れ易く、物も落ちにくい

です。


 
どんな時?といいますと、


それは乗馬の時、なんです。



タキシード側章の由来 ナポレオン軍

夜の正礼装 燕尾服(テイルコート)はパンツの脇のライン(側章)が2本入っています。
イラストの騎馬隊は、そのポジションからラインが角上の2本になったといいます。
側章の由来






乗馬とスーツの関係は大変歴史深く、密接に関わっています。


このブログをお読みいただいている方で、
スラントポケットのジャケット着用で、
もし今、お近くにお馬がいらっしゃるようでしたらぜひ実験してみてください。




では、スラントポケットをやってはいけないシーンはあるのでしょうか?



IMG_0422

BOTTONE製:ショール&ピーク デザインタキシード


そのシーンは、
フォーマル・タキシードであります。



完全なブラックタキシードは宮廷の中で着用する服です。
馬には乗らないのです。


馬に乗らないため、ベントといってお尻の切れ込みもないわけです。

馬に乗ることでセンターベントが生きるわけですね。

そしてサーベルを頻繁に抜き差しなさるようでしたら、私どもではサイドベンツをお勧めいたします。


センターベントとサイドベンツ


IMG_0594

ちなみにモーニングコート、テイルコート、フロックコート、
それから現代ですと防寒のコートであります、チェスターフィールドコート、トレンチコートなど、
全てセンターベンツです。

これもお馬様用だからです。
オーダーコート



それから、いわゆる喪服ですね。
葬式の服装 やってはいけない


では、ナナメのポケットは、水平のフラップポケットと比べて、どのような見た目の違いがあるのか?です。

まずそ縦向きにポケットが走ります。
視覚的にスマートに見える傾向があると思います。
とても抽象的な表現をすれば、スタイリッシュとか、若いとか。


ただしあまり短い着丈ではオススメできませんよ。



IMG_4082

私が着用しているのは、シンプルでクラシックのクラシコ・イタリア 紺スーツ。
ポケットはスラントであります。


IMG_0090

こちらは最近よく着用しているジャケスラです。
イタリアシルク100という非日常を結構着ております。
袖は1B、腰ポケットは・・・スラントポケットです。



 

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。