IMG_0614

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

メリークリスマスと言う前に、2012年12月22日あたりで地球が滅びる、というマヤ文明の予言、みなさま当日はいかがお過ごしでしたでしょう?どうやらカレンダーにあたる暦が、その日までしかないということでしたが、当日みなさんの家庭は大丈夫でしたでしょうか?何かパートナーと大地震が起きていなければ良いのですが。

若手から、地球は滅びるんだから、就職活動なんてしなくていいんじゃないか?というラフな会話が実際にあったらしい話を聞きました。それを聞くと1999年のノストラダムス大予言を思い出しました。そういえばあの時私は、恐怖の大王の存在に怯えていたわけです。ところでみなさま、次の滅亡は2015年だそうです。


そんな記念すべきエクスクルーシブな日も表参道サロンは、新年のお祓い予約のように営業時間に収まらないくらい(収まらなかったのですが)たくさんのご予約をいただき、看板も出していないサロンではありますが、お客様とともに無事2012年12月22日あたりを通過することができました。

特にこれからの季節は記念式典や特別なパーティーも少なくないようで、様々な業種の、様々な方がいらっしゃいます。ご縁あってそのような大切な一着を仰せつかることに感謝の日々です。

IMG_0594


さて、 本日はカシミア100%の素材でご提案させていただき、お仕立てさせていただいておりましたトレンチコートが完成いたしましたので、シェアさせていただきたいと思います…
IMG_0596

トレンチコートは、ダブルブレスト。

第1次世界大戦、イギリス軍が作った防水レインコートが発祥といわれています。
その時の、長い塹壕(トレンチ)戦からこの名がついています。



ご覧のように、トレンチコートの肩にはエポレットという、ボタンで留める部分があります。
ここには水筒、双眼鏡、それから拳銃の吊り紐を吊ってください。

裏ワザでありますが、
万が一お仲間が負傷して倒れてしまわれた際には、エポレットを持って引っ張れるので便利です。



今回は重量の観点からつけませんでしたが、トレンチコートにはガンパッチがあります。
ガンパッチとはその名の通り、ガン(銃う)を支える置き場としての目的で作られたものです。
こちらも戦闘時に銃を使用される頻度が高いようでしたら、 オーダーの際にこっそりお申し出ください。


IMG_0595

結構ロングの着丈に仕上げています。
近年はコート丈が短いトレンドがありましたが、クラシックなコートという観点からも、防寒の意味からも、そしてせっかく仕立てるのでしたら長めのコートはおすすめです。

 
IMG_0564

ベルトを巻かないとまた雰囲気が変わります。

このベルトは、ギュッとウエストをくびれて見せられます。
ここがトレンチコートの最大の特徴といえます。

実際にはベルトで余計な隙間をなくしますから、暖かいのです。
それから、おもにベルトにはDカンというのがついていますから、手榴弾を引っかけたい!という方にも向いています。

IMG_0593


右側にはストームストラップといい、
雨が入ってこないようにする仕様もトレンチコートの特徴ですが、こちらも今回のカシミアトレンチではなくしています。

襟にはチン・ストラップと呼ばれる帯を付けていますから、
シベリアなどへの長期間攻めて行こうとお考えの方でも、一層寒風を防ぐことができます。




私もダブル・ブレスト・コートは数着所持していますが、暖かい。

それででしょうか、暖かいのでシングルよりもヘビーローテーションとなります。 

IMG_0615


コートは自分用にも毎年1〜2着ずつ誂えていますが、重量もありますから着心地の良さは重要なポイントと自負しています。
クラシック・シルエットでも、タイト・シルエットでも、着丈のバランスが肝となりますから、お好みをじっくりとお打合せさせていただき、これだ!という一着を増やしてゆく愉しみを感じていただけたら幸いです。



 

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。