20120503190124

 オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

もしタイムマシンが完成したならば、タキシードをはじめとする洋服がどのように着られていて、どうトレンドになったのか、それをこの目で確かめたい。そう願ってやまない毎日です。




「イタリア○○○の場合、

ホスト側がショールカラータキシード。
列席する側はダブルブレスト・タキシードが基本。ダブルなので当然ピークドラペルとなる。色も当然基本黒。

ただし、アメリカの方々がいらっしゃると、みなさんバラバラ。色もグレーなどのファンシーカラーの方も。」



ある昼下がり、私のオフィスへ一通の招待状が届きました。
つい先日のことです。

お仕事でご縁があり、クライアントでもある経営者の方の結婚式、ご年齢も近い。おめでたい席へのお招きに、嬉しい気持ちと同時に、一つの悩みが湧き上がってきたのでした。


IMG_3160  


招待時刻を見たら、15時とありました。ならば指定はないが、迷わずにブラックタイ、と、ここまでは良かったのです…

タキシードもフロックコートは持っていますが、今回はあえて新しく誂えよう、とそう思ったのです。
IMG_7394


<礼装のルール>
1 正礼装:午前=モーニングコート    午後=テールコート
2 準礼装:午前=ディレクターズスーツ  午後=タキシード
3 略礼装:ダークスーツ





今回は優美なタキシードをと、ショールカラータキシードにしよう。拝絹と側章をあしらい、生地はボットーネらしく タリアデルフィーノSUPER'160sといこうか。ミッドナイトブルー無地に決定。


とこのあたりまで考え続けたテーマでしたが、「ショールカラーはホスト側のタキシードだから、今回着用するならピークドラペルが適しているのではないか?」という意見が仲間から飛んできたのでした。
IMG_8106


ショールの方がもともとのタキシードらしさがある。だから、シングル・ショールカラータキシードにカマーバンド、ボウタイというところ。しかしそれもわかる気がする。そこで今一度この詳細を改めて聞き込み調査を開始したのでした。




325318view008


ファッションデザイナー

ショール、ピークに関してのドレスコードというのはわからない。デザインの問題ではないだろうか?








イタリア大使館に精通する人間から


「イタリア大使館の場合、ホスト側がショールカラータキシード。列席する側はダブルブレスト・タキシードが基本。ダブルなので当然ピークドラペルとなる。色も当然基本黒。

ただし、アメリカの方々がいらっしゃると、みなさんバラバラ。色もグレーなどのファンシーカラーの方も。」



IMG_6118



某ラグジュアリーホテル(H)


基本的にはブラック・ダブルブレストスーツorホワイト・ダブルブレストスーツ、通常シャツ、ボウタイといったスタイル。タキシードの着用はイベントなどの際だが、ショール、ピークの使い分けはしていない。










フォーマル情報サイト運営会社

「起源はピークドラペル。だが、どちらがどうということはない。
ただし、それぞれドレスコードがあるだろうから、それに合わせるのが良いと思う。」

IMG_3481




フォーマル協会

歴史を紐解くと、英国、テールコートからピークドラペルのタキシード、アメリカ、室内着からのショールカラータキシード。
どちらもデザインの違いだけで同格。どちらがホスト、というようなことはない。



profile・おもてなしをするホテルやレストラン関係者にショールカラーが多いのは?



機能的にはピークの方が保管が難しい。ショールカラーの方が型崩れしにくい。そうした背景もあるかもしれない。なぜかショールの方が多い。また、どちらかといえばドアマンを含め、ユニフォームはショールカラーという認識なのではないか。一方で、ショールを着ているとホテルマンに間違われる、だからピークを着る、という時代も20年ほど前にあった。


ピークか、ショールか、本質のドレスコートからいけば、関係はない。




profile・ダブルブレストのタキシードについて、ダブルブレストは防寒の意味から軍服に採用されたデザイン、シングルとダブル、どちらのタキシードをどう選ぶべき?

フォーマルの原点は軍服。シングルがタキシードの起源。しかしながらダブルであるからどう、ということではない。こちらに関しても同格。

a

ダブルブレストの起源となってと言われる、ポーランド兵、ウーランの服装。
乗馬時に風が入らないように、とダブルが生まれ、軍服となる。







ダウンロード 







2011_05_08b西洋諸国における富裕層のパーティーでは、圧倒的にピークが多いです。ダブルブレスト・タキシードは一部ですが、見かけます。









1900年代の肖像画では、少数ではありますがノッチドラペル、またセミピークのタキシードも。 







ph1_30


さて、ルールはルールとして、ファッション。30代経営者の方のご結婚式、私らしく、場を引き立てるタキシードは、ピークかショールか。シングルかダブルか。。






私の見解としては、


イギリス・イタリア=ピークドラペル文化が原点
アメリカ=ショールカラー文化が原点


アメリカ:ショールカラーはベルベット素材ガウンなど室内着から派生していること、
タキシード・パークのロリラード氏が燕尾服に着替え忘れ、ガウンで会場に登場したことがタキシードの起源という説があることから、くつろぎ感のあるショールは、ホスト側ともいえる。



ピークドラペルは、もともとが燕尾服からの派生。
タキシードが徐々に礼装として市民権を得たが、もともとの礼装である燕尾服派生のピークドラペル・タキシードの方が列席側の正装ともいえる。




しかし、ショールカラーもピークドラペルも、自分らしさを出せ、場に相応しければ良い。



ただしその場その場のドレスコードや、立ち位置やコンセプトをはっきりさせることは大事。

(ショールでもピークでも)どちらでも良いが、明確なドメインを持つこと。



こうした意識が大切なのではないでしょうか。




IMG_3144


私のタキシード。
仕立て上がりは4週間後です。



ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。