emo1

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

本日はEさま、ご結婚式衣装の制作です。
ダークブラウンのシック&エレガントなフロックコート と、カラードレスもオーダーメイド。
今回が初めてとなります、ドレス・デザイナー照井氏をお招きしての制作。なんとフロックコートとともに、ドレスの仮縫いを重ね完成したのがこちらです。

フロックコートは挙式後に、スーツにリフォーム。そしてドレスは…
emo2

ドレスの一部を取り外しますと、ご覧のように先ほどとは違った装いに。
新郎さまもベストスタイルでスタイリッシュに合わせています。
さらに…

emo4

さらにスカートとパニエを外しますと、ご覧のようなセミフォーマルドレスに!
3WAYのカラードレスになりましたが、実はこちらは照井先生のサプライズということで、一同で驚きました!


今回はブラウンのフロックコートとグリーン・アスコットタイのカラーテーマをもとに、ご主人さま中心にカラードレスの色使いをコーディネート。
こうして揃いで洋服を作って合わせてゆく試みは今回が初めてでしたが、お二人のセンスで最高の洋服が揃いました。

IMG_4321

今回のフロックコートはアリストン生地、
体に染み込むようなシルエットは極細生地、
最後は洋服に体格をジャストに合わせられてのご着用となりました。

ドレス仮縫い

フロックコートも仮縫いを入れましたが、カラードレスの場合はトワルの仮縫い、その後本番生地での仮縫いと重ねて、細かくデザインを調整していきます。

一枚のデザイン画から、こうして少しずつ形ができていきます。

完成形が見えてくると、デザイン画、トワルの時とはお客様の反応がまったく違います。
私たちも、イメージした物が目の前に現れる瞬間の、なんともいえない感動を共有させて頂く、えも言われないような瞬間です。


doresu

こちらはオランダのMさま、ただいまウエディングドレスのトワル仮縫い中。
シンプルなウエディングドレス、クチュールならトレーンの長さも自由自在。綿密な打ち合わせが続きます。


洋服は、クラシックなスタイルが素敵です。
ですが、よりクラシックなスタイルをするためには、様々な挑戦をしなければいけないと思っています。

karinui91



ファッションは【格好いいか?】【可愛いか?】という周囲からの評価と、

【自分のこだわりを満たす】という自分自身の喜びを両立させなければいけません。


老舗テーラーに技術では負けますが、
美しいシルエット、現代的な雰囲気を取り入れたデザイン、感性やお客様とのコミュニケーション力向上に、一同挑戦し続けていきたいと思います。


omosan

表参道ヒルズ内には巨大クリスマスツリーが登場。
ディズニーキャラクターも並び、音と光に歓声が上がっていました。

11月とは思えない陽気もあり、目まぐるしい忙しさもあり、、すっかり忘れていましたがまもなくクリスマス、そして、、、そういえば今年もあと2カ月、まもなく年の瀬なのですね。
 
洋服屋としましては、コートの季節もいよいよと思うと、密かな楽しみです。





ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。