IMG_3957

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

急に秋めいてきましたね。おそらく急激にやってくるかな、と思いましたが、やはりそうでした。表参道の街には長袖の人で溢れ、青山・赤坂へ行くとそこは、きちんと上着を着たビジネスマンの姿が目立ちました。

私は9月はじめくらいから意識的に秋服を着ていることが多かったのですが、このくらいの気温ですと過ごしやすくありがたいです。

ビジネスカジュアルという言葉も市民権を得ましたが、でもやはりスーツ姿の街は活気がありました。そうした服装を見ている方のモチベーションも変わりますから、ファッションが心に与える影響は測り知れませんね。


さて、本日はポケットチーフの色についてです。
みなさんはポケットチーフを挿すとき、どのような色を挿しますか?ネクタイと同色にしますか?別の色にしますか?
IMG_3350

ポケットチーフは挿すだけでとてもエレガントになるアイテムです。
近頃では日本のテレビのニュースキャスターをはじめ、俳優の方も多く身につけているように思います。

さて、そんなポケットチーフですが、このように色の組み合わせを考えるのが良いでしょう。



・統一感があり、一般的な色

ネクタイと同じ色(また同系色)のポケットチーフ


これが王道です。
一番抵抗なく喧嘩せずに挿せます。
柄は無地が無難ですが、ドットや小模様もシンプルなら合わせやすく、ビジネスでも問題ありません。




・変わった感じ、際立たせる、異色な雰囲気

ネクタイと反対色、またはまったく異なる柄のポケットチーフ


洒落た雰囲気になり、インパクトがあり、ドラマティックな印象になります。
紳士的な方は控えた方が良いですね。
パーティーで目立つ、顔立ちがはっきりしている、個性をアピールしたい、といった方は良いと思います。



ポケットチーフの入れ方スリーピークス


・ネクタイに関係なく白のポケットチーフ

最もフォーマルなコーディネートです。
挿し方も、TVフォールド、スリーピークスなら世界のどの式典でも通用します。
ビジネスでも清潔感、誠実感があり好印象、素敵です。


 

どういう印象を与え、
自分がどのような服装が似合うかを考え、
場面に合ったポケットチーフの色を選びたいですね。


普段のビジネスではなかなかポケットチーフをつけるのに抵抗が、、、という方でも、お呼ばれ結婚式には白チーフを挿していくのがマナー。

二次会用にカラーチーフも揃えておいても良いかもしれません。


いつものジャケットに、新しいポケットチーフをプラスしてみてはいかがでしょう?





関連記事:
ポケットチーフの挿し方 パフドスタイル
ポケットチーフの挿し方 スリーピークス
ポケットチーフの挿し方 TVフォールド(スクエア)




ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。