6abe10bc.jpg日本製の1着のスーツを通して、世界中の人々のライフスタイルの豊かさに貢献する、を経営理念に、オーダースーツコンシェルジュ ボットーネという会社をやっています。

このブログでは、洋服の着こなし方や楽しさを伝えていけたらいいなと思っています。




松はじめ

1978年3月生まれ
富山県滑川市出身


待ち侘びて完成したスーツに袖を通してもらった瞬間の、こぼれるようなあの笑顔を見ると、これまでのどんな苦労も吹き飛んでしまいます… 

洋服が大好きでこの業界に飛び込みました。
大変なこともありますが、自分の好きな分野で仕事できるということは、とても幸せなことだなと思っています。 



オーダースーツサロン ボットーネは2006年に設立されました。
最初は個人で、出張専門の注文洋服店からはじまりました。
その後に会社となりスタッフも増えましたが、一同、スーツ一筋。



生地は在庫を抱えず、とにかく毎期更新
常にイタリア・イギリスなどの新しいものを仕入れています。



クリップボード03


生地の次に大切なのは、やはり仕立て。
仕立ては国内縫製にこだわり、また完全マシンメイドとは違い、手作業を多く施しています。
その為、特殊なデザインも細かな補正も承ることができます。
もちろんパターンも毎期、進化させています。



特にメイドインジャパンにこだわっています。
最近では、パターンオーダーやブランド既製服でも低価格な、中国や東南アジア製が増えました。同じオーダースーツでも手仕事の日本製は、細部や中身が違うので、着心地、シルエット、耐久性が違います。


私たちは体に吸い付く本物の生地を、
すべて日本の職人によって、毛芯地仕立てで制作します。

karinui1

そして当店の契約ファクトリーは7社。

7種類以上の縫製を使い分けることができますので、
セレクトショップなどでも使われるスタイリッシュなスリムオーダーから、
新宿・銀座などの有名百貨店などでも使われるクラシックなスーツ、
さらに本格ハンドメイドのスーツまで様々なお仕立てが可能です。




ブログでは全てをお伝えし切れませんが、細かいところにもこだわりを持ち続けております。
しかし、私たちが守っていきたいのは品質や技だけではありません。



「満足してるよ」「いつもありがとう」と言っていただける皆様こそが
私たちの大切な財産です。


この大切なお客様方に、納得ゆくスーツを着て頂き、
そして打合せからスーツが完成するまでのその時間も、心に残る時間としていただきたい。

それが、私たちの心からの願いです。




松はじめはこんな人間です。
松ってこんなやつ 




次のページはお客様から頂いた声です

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。