IMG_0063
あけましておめでとうございます。


このようにクラシックになりますね。
まずはドクラシックに合わせてみました。
この靴とスーツのスタイルは、今年からさり気なくちょっとだけ着崩しはじめる予定です。




靴作りは、高級靴もどんどんマシンメイドになってきました。ですが、この靴はハンドソーン。

正式にはハンドソーンウェルテッド製法というんですが、簡単にいえば職人が一足一足、手仕事で一針一針縫いあげるのです。
これをマシンメイドにしたのが、グッドイヤーという製法で、残念ながら最近は一流高級靴でもグッドイヤーか、マッケイか、という感じです。


ハンドソーンは紳士靴最高峰というわけで、履き心は極上。
私の感想ですが、歩く度に足に吸いつき、8時間履いても疲れず、【履いているのを忘れる】という表現で済まされません。もう高品質なスニーカーを超えています。


既製品やマシンメイドオーダーは、買った時が最高。
手作りハンドメイドは、履いていく程に進化する。


スーツもそうですが、手仕事の物はマシンのような綺麗さがありません。
ですが、そこが味なんです。
そして、ガチガチに縫っていませんので、履く人の足に少しずつフィットしながら、締まるところが締まり、ゆるむところが程良くゆるみ、世界で一足の靴が年々進化していきます。


しっかりお手入れすれば、本当に長ーく付き合える靴ですよ。

 

さて、コーディネートについてです。
こういう合わせって、まったく面白みがないスーツ&靴に思う方もいらっしゃるかと思うんですが、ところどころ遊んでいます。
例えば、ネクタイをリバーシブルで切り替えているんです。(写真ではわかりませんね…)


それに茶色のシューズは暖かみ、寛ぎ、お洒落感を出します。スーツやコートも少し暖かいトーンやくすんだトーンだと相性抜群です。
黒のシューズの方は、スーツと一体感があってドレッシー、スタイリッシュ、ビジネスでも洗練された印象がありますが、時にはビジネスでも敢えて茶色で外してみてはいかがでしょう?




底も美しい仕上がり。



良い靴は、良い場所へと連れて行ってくれる。
そんな表現がありますが、靴にはそんなパワーが確かにあるものです。
仕立ての良いスーツもそうですが、サイズが合って磨かれた靴を履くと、不思議と姿勢までちゃんとなるんですよね。周囲への印象が外見で変わるだけでなくて、良い物を身につけているという自信、つまり内面からも印象が変わります。

そもそもどんな洋服を着るか?は、こうした自由な服装の世の中だと特に、内面の表れです。


すごーく派手な格好をしているギャルが、実は内気だったり、反対もそうです。例えば知人でも、とてもお洒落なスタイリスト、デザイナーといった方々は、実はもともと引き籠りだったりもします。


これまでの私の経験ですが、内面がハチャメチャな方ほど意外に清楚・シンプルな服を着たり好んだりする傾向が強く、

反対に内面がしっかりしていると、どこか着崩した服・アバンギャルドな服への憧れが強く出るように思います。




そんないつからか自由奔放な洋服社会ですが、服装の本質はきちんと自分の立場を表し、場所にふさわしく、心配りする手段だと思います。


VANなどのアイビーが日本に入ってきた当時などは、ショップが着こなしを教えていて、間違えたアイテムは売らなかったといいます。

当時はこれほど情報もなかったですし、店員さんの情報が全てだったということもありますが、すごく立場が違ったんだなと。


現代は、だいたいの服屋さんに行くと、とにかく売れればいい!という傾向を感じますが、とても残念なことです。 
服も靴も、装って初めて生きますから、店員さん自身も勉強を重ねて成長していけば、もっとお洒落な国になると思います。


それで、私もセレクトショップとか服屋って、自分にはちょっと敷居高いな、と思った時代があるんですが、そのくらいの方がいいです。程良い緊張感があって、考えてみると、自分を高めてくれました。



そうして、自分に合う服を見つけていって、まずは基本スタイルをおさえたら、そこから自分なりに何かを崩していけると、とても粋なんですよね。 

 

今年も、柔軟性のあるこだわり を大切に、
より格好良く、よりよい物を、より早く、正確に皆さまにお届けできますよう、スタッフ一同努力を重ねていきます。老舗に比べると大変若い会社ですが、どうか本年もよろしくお願い致します。




シューズフルオーダー 22万円~
期間 約8週間(仮合わせ有り) 


シューズオーダーは型を1から制作して手作業で進めるため、フィッティングは靴職人自ら行わせて頂きます。
素材にとことんこだわっていますが、どこも真似できない限界の価格で提供しています。詳細はお問い合わせください。


ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。