オーダースーツ 東京ボットーネの松はじめです。

最近の悩みは?と言われたら、唯一こう答えるでしょう。

「ナポリから生地がこないんです…」


北はいいんですが、南って、、、

北半球に位置する日本はやっぱり比較的勤勉ですよね。電車がこれほど正確に来るのは奇跡なんですって。
そんな東京都内は少しずつですが涼しくなってきましたね。昨日は新宿のバーで打ち合わせがAM3:30まで続き、 タクシーで帰宅、朝は予想に反してすっきり目覚めた今朝、秋冬のオーダーラッシュで電話で飛び起きたというのが正直なところです。



そんな本日はデザイナーの篠塚様、秋冬スーツの打ち合わせに、篠塚様のオフィスへ。さすがトップクリエイターさんで、いつも篠塚さんしか着れない!というくらい個性的かつお似合いの洋服を着ていますが、今回も《あっ》と驚くデザインのご注文を頂きましたよ。
完成したらご紹介させて下さいね。
 


さて、そんな秋冬生地コレクションですが、続々と新作入荷が続いていますが、創業以来、品質にこだわり続けている一流ブランド生地、ロロピアーナです。
高級素材しか作らない!
そんなミルが存在するかと言われれば、そうそうありません。 上質ウールにカシミア、そしてシルクでラグジュアリー感満点となっています…




見本に触れているだけでうっとりしてしまう、ロロピアーナSUPER’170。特別なシーンには、国内最高峰ハンドメイドの縫製で仕立てたなら、まさに名作スーツの誕生ですね。









ロロピアーナは、19世紀創業の、イタリア、高級素材取り扱いの服地メーカーであり、プレタブランドでもあります。
カシミヤ、ビキューナなどの厳選された最高級の天然素材を使用しているのは有名ですが、なかでもカシミヤは、モンゴルにて厳選し、最高品質だけを購入しています。


今期も週末も楽しめるラグジュアリージャケット&パンツコレクションも充実しています。クラシックに仕立てれば、オンもオフも兼用で楽しめます。
 
特に起毛感のある生地は、見た目にも温かみが出て11月からの着用におすすめです。 チェック柄に抵抗のある方も、極薄パッドで全体的にフィット感を出し、色気ある着こなしはエレガントでくつろいだ印象になりますから、一度チャレンジしてみてはいかがですか?
 

早速ロロピアーナファンのお客様から、10着以上のご注文。
今期も品切れ必死なロロの予感でした。
ゼニア、アリストンといったイタリア生地を凌ぐ人気であるロロピアーナ社の生地、今までにない表現の生地もありますので、ぜひサンプルをお手に触れてみて下さいね。
 

 

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。