秋ジャケット流行スタイルについてLEON

オーダースーツ 東京ボットーネの松はじめです。
9月に入り、夜になればかなり涼しくなってきましたね。
ファッションもいよいよ秋を迎えるに当たって動き出しています。

スーツにおいてはいよいよダブルが増えてくることと思いますが、メンズファッションの中で、スーツ以外にも今年はジャケットスタイルの提案色が強いようです…

 

秋ジャケット流行スタイルについて、MENSEX

ジャケットスタイルは、やはりオンオフを問わず万能に使える装い。
さらりと羽織ればビジネスシーンでも対応でき、くずして着こなしたならば、週末のデート、パーティースタイルとしても一目置かれます。

「普段はスーツは着ない」という方ほど、ジャケットの枚数は持っているものです。
やはり定番は紺ブレ(紺色・無地のジャケット)でしょう。
この一着で、着こなしの幅は大きく広がります。

例えば普段のジャケットに…

秋ジャケットスタイルコーディネート

ネクタイをすれば…

秋ジャケットスタイルコーディネート

これだけでビジネスに対応、しかもファッショナブルです。

こちらはシャツ袖仕立てのジャケットに、オフホワイトのコットンパンツを合わせてさわやかにコーディネートしてみました。
足元に合わせるのはスエード靴が素敵ではないかと思います。

そして同じジャケット+シャツに、ジーンズに合わせてみますと…

ジャケット+ジーンズ着こなし方

かっちりテーラードジャケットに色落ちデニムという組み合わせ。
この対照的な組み合わせ、意外と合います。

ブラックジャケットではありきたりなスタイルになってしまうところ、厚手のイタリア素材、シックなジャケットならスマートです。


この場合、靴はスエード靴がいいと思いますが、場合によっては敢えてスニーカーというのも悪くないと思いました。

ジーンズを意識するなら、ベルベット素材もおすすめです。

 

このように、上質素材で洗練されたジャケットなら、ベーシックな雰囲気ですから、いろいろな洋服と合わせることが可能です。
ドレスの合わせに、カジュアルアイテムを差してもいいですし、逆にカジュアルとして使う場合は、ドレスを差して使います。

こうした、オン・オフともに使えるジャケット、ドレス&カジュアルを、今年のボットーネからのジャケットのテーマにしています。

さて、無地系定番ジャケットをお持ちの方は、いよいよ格子(チェック柄)にチャレンジしてみましょう。

意外と野暮ったくなりがちなチェック柄のジャケットも、組み合わせ次第では垢抜けた着こなしに仕上がります。

チェック柄ジャケットを着こなす時の基本としては、パンツを無地にすることです。
また、パンツはジャケットよりも薄い色を合わせた方が今風です。


秋ジャケットスタイルコーディネート

写真は細かめの優しい色合い、千鳥格子柄、カシミア混ジャケット。

素材は、これからのシーズンは、ウールはもちろんですが、カシミア、フランネル、ツイードなどもおすすめです。

秋ジャケットスタイルコーディネート

秋冬ジャケットのご注文はスタートしておりまして、夏前より既に制作を開始しております。
完成したジャケットも次々に公開していきますね。

私、松はじめの秋ジャケットも、まもなく完成です。

 

 

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。