AMFステッチとは?

オーダースーツ 東京ボットーネの松はじめです。
まさに芸術、こちらはAMFステッチを施している様子です。AMFステッチとはハンドステッチミシンを使用した、手縫い風の縫い目です。

スーツやジャケットには必ずといっていいほど入っていますね。
このAMFとは何を意味しているのでしょう?そして意外にもボーリングと関係が…

AMFステッチとは?

実はAMFとはミシンを開発したアメリカの総合機器メーカーの名前です。
正式にはアメリカンマシンファウンドリー社といいます。

このステッチではマシンのモーターの回転数が少ないため、他のミシンステッチより時間がかかります。
そして布よりも太い糸でのステッチで高級感がありますから、AMFステッチはフロントのステッチ以外にも背中、肩、袖などにも用いられることがあります。

 

さて、AMF(アメリカンマシンファウンドリー)ですが、ボーリングのレーンの機器なども製作していることで有名です。AMFはブランドでもあります。

AMFステッチとは?

写真はスーツ、裾のラウンドカット部分に差し掛かったところ。
こうした湾曲した部分にも芸術的スピードでステッチが入っていきます。
マシンとはいえ、完全マシンメイドではありません。
大切なのはあくまでも人の感覚。

例えば、地布に合わせての糸の色の選定も決して簡単ではありません。

こうした職人の方々の手仕事によって、私たちボットーネのオーダースーツが生まれています。
手仕事の一着ごとに違う風合いを、味と思うか、どうか。

(↑ 本日はこの場で、黒のスーツに、わかりやすく赤のステッチを施して頂きました)

マシンで画一的、スピーディーに生産するオーダースーツも存在していますが、私は好きではないですね。

着心地の違いもそうですが、愛情が違いますから。

 

オーダースーツができるまで① 美しいシルエットの秘密



 


 

スポンサードリンク

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。