Super120'sという表記とは一体?

ボットーネの松はじめです。

Super 120's(スーパー120)

ウールのスーツ生地を見るとこのような表記を目にされたこともある方がいらっしゃるのではないでしょうか?
少しご存じの方だと、Super 80'sとかSuper 100’s というとビジネス向けで、SUPER150'といえば特別着というイメージがあるかもしれません。

意外と間違った解釈の方が多いのですが、このSUPERという表記は一体なんなのでしょう?

Superという表記は、原料となる糸の、繊維長の太さを表している一つの表記です。
100や120といった数字の表示が、10刻みで数字が大きくなっていく毎に、0.5ミクロンずつ細くなっていきます。

SUPER100なら18.5ミクロン、SUPER150なら16.0ミクロンとなります。

Super120'sという表記とは一体?

一概には判断できない生地の表記ですが目安として考えるならば、数値が大きい方がしなやかなだがシワになりやすいためパーティーなどフォーマルスーツの傾向があり、低い方はその逆ですから、普段ビジネスに向いている傾向があるといえます。

 

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。