スパンカシミア オーダーコート

オーダースーツ 東京ボットーネの松はじめです。
秋冬コートの打ち合わせが進みます。
本日は大変お世話になっている縫製工場の理事がわざわざ訪ねて下さいました。
また本日は、私の先輩テーラーの社長が自宅へ。
ともにこの業界全体を盛り上げて行こうという考えで、学ぶことが大変多い一日でした。

さて、写真は昨シーズンも、冬コートやジャケット、スーツなど数着作らせて頂きましたスパンカシミアの生地です。

スパン(span)とは紡いだ、という意味で、通常のカシミアに比べ、より丁寧に、より強度に紡がれたカシミアです。
カシミアは、一般的にはアルパカ(ラクダ)、モヘア(アンゴラ山羊)、アンゴラ・ラビットなどと同一種の毛織物です。

スパンカシミアともなれば、有名百貨店、銀座テーラーでは50万円~100万円以上と言われます…

いわゆるカシミアの柔らかい雰囲気とはまた違い、着こなすと上品で素敵ですし、旅行、出張などにも最適です。

さて、コートの打ち合わせ、試作品作りなどが進んでいます。
今期モデルの型紙完成も間もなくです…
私個人としても、今年も着丈はやや短め傾向は続きますが、ダブルで着丈短め、カジュアルでセーターの上に羽織るテーマで、一着仕立ててみようと思っています。

 

スパンカシミアのオーダースーツ ¥215,000~

 

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。