スーツ生地の素材

ボットーネの松はじめです。
スーツ生地にはウール素材を用いられることが多いですよね。
ウール以外にはカシミア、モヘア、リネン、またポリエステル、アセテート、レーヨンなど。

皆さんのスーツはいかがでしょう?
ほとんどがウールではありませんか?またはウールとモヘアなど混紡も多いですよね。

一体なぜなのでしょう?

 

それはスーツ生地にはウールが一番体になじむ素材だからです。



凹凸だらけの人間の体を美しく覆う衣服。
シルエットを綺麗に見せるのはウールをはじめとする天然素材です。
そしてウールは保温性に優れています。


上質なスーツは、素材とフィット感です。
スーツの大きな面積を占める生地、その素材によって雰囲気は大きく変わります。

良いウールは手触り、光沢、保温性が違い、
そして着心地が軽いのです。

 


上質ウール素材のスーツこそエレガント。

 

勝負スーツは素材で差をつけたいですね。

 

 

あなたとオーダーメイドの世界を繋ぐボタンとして
Bottone

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。