ヘリンボーンとは?スーツの生地柄について

松はじめです。
さて、スーツ、ジャケットなどの生地には様々な柄があります。
スーツ生地の柄紹介①はヘリンボーンについてご紹介させて頂きます。

それにしても、ヘリンボーンって、不思議なネーミングですよね。
なぜこのような名前なのでしょう…

実は、ヘリンボーンの由来は、ヘリン -herring-(魚のニシン)、ボーン -bone-(骨)から来ています。
この織り具合が魚の骨のようだから、この名前になったのです。

ちなみに日本での名前は杉綾織りといいます。
この名前の由来は、やはり杉の木に似ているからのようです。

ゼニア生地のヘリンボーン

ゼニア生地のヘリンボーン柄

このヘリンボーンは高級紳士服に用いられる柄です。
この織りは光の反射によって見た目にも光沢感や高級感が出せるのもポイントなのですが、非常に耐久度も上がります。
軍服として用いられたこともあるほどです。


さて、着たときの印象ですが、
ヘリンボーン柄のスーツは、細い織りのヘリンボーンはシャープな雰囲気を醸し出しますし、
太い織りのヘリンボーンですと落ち着いた雰囲気を演出できますよ。

 

失敗しないオーダースーツの作り方についてはこちらをご覧下さい

 

あなたとオーダーメイドの世界を繋ぐボタンとして
Bottone

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。