松はじめです。
前回の洋服物語④ではネクタイの由来についてお伝えしました。
洋服物語⑤ではスリーピーススーツ、ジャケットの下に着るベスト。このベストのボタンについてです。

皆さんは三つ揃え(スリーピース)のスーツはお持ちですか?実はベスト付きのスーツというのは流行ではなくて、本来スーツってスリーピースなんですよ。


あの落合正勝氏も、スーツの定義というのはそもそもスリーピース、ベスト付きが原則である!と言っていました。

さて、スリーピーススーツを着るときは、ベストの一番下のボタンは外すことになっているのをご存知でしたか?
何のためにでしょう?シワがよらないようにでしょうか?
いえいえ、違うんです。
実はこんなエピソードがあります…

さて、ベストの一番下のボタンを外す由来として有力な説は、
ジョージ四世のパーティー出席時のうっかり出来事です。

ちょっとお腹の出ていたジョージ四世ですが、
なんとうっかりベストの一番下のボタンを掛け忘れてパーティーに出席しまったのです。
まったく気づかない様子のジョージ四世…


で、殿下!!
と、このジョージ四世の失態に気づいたファッション界に影響力のあったイギリス、ロンドンの社交界の花形、ボウ・ブランメル。
彼は、なんとかジョージ四世に恥をかかすまい!と、あたかも外すのが当たり前のように自分のベストのボタンもさり気なく外したのです。
紳士ですよね~

ズバッと指摘するのも一つなんでしょうが、こういった心配り、日本の心を感じて私は好きです。

さて、ブランメルがそんなことをしてしまったのですから、当然それをパーティーで見た人々は、
あのブランメルがベストのボタンを外している!これは新しいお洒落に違いない!
とこぞって真似をしました。

こうしてベストの一番下のボタンを外す文化が確立され、広がっていったというのです。


木村卓也さんがポーターを持っていたからポーターが流行ったり、
安室ちゃんの真似を!とみんなアムラーになったり、と、いつの時代もファッションは影響力のある方が作っていくものなんですよね。

 

余談ですが、

ベストのことをチョッキと呼ぶ方もいますよね。

実は、日本のこのチョッキの由来は

”ちょっと着るもの”からチョッキ、という説もあります…

 

洋服物語① センターベント・サイドベンツの意味

洋服物語② 本切羽の由来

洋服物語③ パンツの裾 シングルとダブル

洋服物語④ ネクタイの由来とは?

 

失敗しないオーダースーツの作り方についてはこちらをご覧下さい

 

 

あなたとオーダーメイドの世界を繋ぐボタンとして
Bottone

オーダースーツ 東京 ボットーネのスーツコンシェルジュサービス

オーダースーツ 東京 ボットーネのスーツコンシェルジュサービス

 

 

 

 

オーダータキシードコンシェルジュ

オーダータキシードコンシェルジュ

オーダータキシードをお作りさせて頂いた皆様

 

 

 

 

店舗はございませんが、新宿に小さなサロンを構えております。
ご自宅、滞在中のホテルなどへ出張させて頂くサービスもございます。

 

 

新宿駅6分 ラウンジまでの道のりはこちらをご覧下さい


お買い物にかかる負担を軽減!ご自宅出張フィッティングについて




■ご予約につきましては、できる限り皆様のご都合に合わせられるよう、スタッフを増員するなどして対応しておりますが、時期によってはお待たせしてしまう場合もございます。


できる限りお早めのご予約をお願いします。




予約・お問い合わせ


メールでの御予約・お問い合わせフォーム




お電話によるお問い合わせ
 03-3364-6501  (10:00~23:30)

お急ぎの方はこちらへ
 090-7742-3150 (24時間)


 


松はじめブログ、最新の記事をチェック!

ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。