センターベント、サイドベンツとは?スーツのベンツについて

 

松はじめです。
スーツにはベンツ、またはベントが入っています。
ベンツとはジャケットの背中に入っている切れ込み。
しかし全てのスーツに入っているわけではありません。
例えば本来タキシードにはベンツは入っていません。
そしてベンツには、センターベンツ(センターベント)やサイドベンツ、フックベンツなど様々な種類があります。

これらは一体なぜ入っていのでしょうか?

ベント(Vent)とは、フランス語で「風」の意味らしく、英語で訳しますと通気口とか換気口という意味になるようです。


さて、真ん中で開かれた【センターベント】ですが、
センターベントは乗馬をする際に、ジャケットの裾まわりが突っ張らないようにしたと言われています。
そのためでしょうか、日本の仕立て屋ではセンターベントのことを【馬乗り】と呼ぶようです。

 

そして最近のトレンドでもありますサイドベンツ。
サイドベンツは騎士が鞍上で剣を抜きやすいように設計されたものだという説があります。
日本の仕立て屋ではサイドベンツのことを【剣吊り】と呼ぶようです。


個人的には、乗馬の際には深めのサイドベンツだと、ジャケットのシルエットはおそらくセンターベントよりも真っ直ぐでエレガントではないか?と思います。

スーツなどの洋服と乗馬には深い歴史がありますね。

 

さて、タキシード、礼服などといったスーツの場合にはノーベント(ノーベンツ)となります。
乗馬のようなスポーティーなシーンとは違い、華やかなパーティー、厳格な式典での衣装となればベントがなくとも良いのでしょう。
ノーベントが最もフォーマルになります。

 


そして皆さん、
スーツを買った際はよくこのベンツ部分はしつけ糸で縫われています。
時々そのまま着ている方をお見かけします…
着る時には取りましょう。



さて、現代ではセンターベントかサイドベンツかと選ぶのは、お好み、デザインなどとなってきています。


ですが、私たちは体型をより良く見せる選び方もお勧めしています。


例えばお尻が大きな方はノーベントか、サイドベンツの長さを調整させて頂く方が綺麗に見えるので、そのようなご提案をさせて頂くことがあります。

視覚的な理論ではベンツの切れ込みは深い方が足は長く見せられるのですが、近年はやや浅めがトレンド傾向であり、また一概に深くすれば足長に見える、というわけではなく、身長など全体のバランスがありますので、ベストなバランスをいつも考えています。

流行のスパイスを取り入れながら、着る方の品格を引き出し、着心地も良いのがオーダーメイドスーツの醍醐味だと思いますから、自分に合ったスタイルを見つけたいものですね。

 

 

あなたとオーダーメイドの世界を繋ぐボタンとして
Bottone



ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずは電話かメールで日程をご予約ください。