靴磨き方法

松はじめです。
前回靴のお手入れ方法①ではシューキーパーと、シューキーパーの選び方についてお伝えしました。
本日はいよいよ靴磨きです。

どんなに良いスーツを着ていても、靴が汚れていては台無し…
銀座の高級クラブに行けば、見られるポイントは”靴”そして”磨き具合”。
足元を見られる、という表現もありますよね。

もちろん高級靴も、磨きがかかってなければ安靴同然、逆に高級靴でなくともしっかりとお手入れされていれば一流靴。
靴の価値は値段ではなく、磨き具合なのです。
本日はそんな靴磨きの方法を写真付きで説明しています…

まずはこちらが靴磨きの前の靴です。この靴がどうなっていくのかもご期待ください。

靴磨き

 

それでは靴磨きです。

 


靴磨きに必要なもの
ブラシ
手袋
グローブシャイン

靴クリーム

まずは磨きをかけるために靴用ブラシを用意します。
こちらのブラシで靴全体のホコリ、泥などを落としていきます。

ブラッシングだけは靴を履いた一日の終わりに一回は行いたいものです。

サフィールのブラシ

靴の磨き方

靴磨きの方法

こういった靴底もブラッシングし、汚れを落とし磨きの準備をします。

コバは特に汚れやすい部分ですから、お忘れなく。
コバもブラッシング、後ほど磨きをかけます。



続いて、リムーバー。
古いクリームを落とします。
人間で言うと、洗顔です。

靴リムーバー

こちらは当店でも取り扱いのMOWBRAY。

靴リムーバー

人間にたとえると女性が化粧を落とすのと同じで、一度リセットしなければならないのです。
ですから、新しいクリームの塗って磨きをかける前には、必ず古いクリームを磨き、落とします。
その為に靴磨きで使うのがこのリムーバーです。

靴底のお手入れ

リムーバーで靴底も磨きます。
男は背中が大事!といいます。
子は父の背中を見て育つものですし。

靴磨きは表面の汚れを落とせば終わりではありません。
靴底が汚れていると致命傷…
ここに磨きがかかっているかどうかは、足を組んだ時なんかに、意外と気付かれるものですよ。



そしてグローブシャイン。
手を入れて使うため磨きやすく、靴の表面に残る余計なクリームを取り除き、ツヤを出し、光沢感を与えます。

全体を拭き、磨きます。

靴グローブシャイン

これは人間で言うと、洗顔クリームを落とす行為です。
何度も靴磨きをしていますと、グローブシャインにクリームが多少なり残っていきますから、こうして磨きをかけることで自然とツヤもでます。

ここまでの靴磨きは、ハイシャイン(先端を特に光らせる)をかけるときは特にしかり磨き、お手入れをしましょう。


靴を磨きなさい、そして自分を磨きなさいというベルルッティの言葉にもありますが、靴磨き自体が自分磨きのようにも思います。

経営者、セールスマン、特にビジネスマンにとっての顔。
しっかり磨きをかければ、成績も向上します。

次回の男を磨く!靴のお手入れ魔法のルール(靴磨き後編)はいよいよクリームを塗っていきます。

 

 

 

 



ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。