松はじめです。

本日は使わなくなったネクタイを友人にプレゼント!
でも普段スーツを着ないらしく、ネクタイの結び方がわからないと言われました。
ネクタイの縛り方…意外と聞かれることが多いです。

そこで、本日は入門編!ネクタイの締め方。
入門なので、まずは「プレーンノット」という結び方を紹介します。
一般的で、比較的簡単なネクタイの巻き方ですよ。それではネクタイをご用意下さい…

エルメネジルド ゼニア正規代理店
tailor m and m

オーダースーツオーダーシャツオーダー手染め靴オーダーネクタイ

できる男のビジネススタイルモテるパーティスタイルまで

 

それではネクタイの結び方(プレーンノット)を実況しますね。

ネクタイは太い方が大剣、細い方が小剣といいます。
写真では大剣(太い方)が左側に垂らしています。
まずは肩へこんな風に垂らしてみて下さい

左側の大剣を右手で持って、
右側の小剣を左手で持って、
こんな感じでクロスさせます。

そのまま大剣の方をグルッと小剣側の下へ…

前までまわします、1周

そうして後ろから…

前へ入れます。

さっき巻いた中に、大剣を差し込み…

巻いた部分を押さえながら、大剣を下へ引っ張ってやるとこんな感じに。

さて、ここがポイント!
ネクタイの結び目を美しく魅せる「ティンプル」を作ります。
ちょっとくぼませるのです。

巻いた部分を押さえながら、今度は小剣をキュキュッっと引っ張ってやると…

見事にタイドアップ!
ピンホールのシャツに相性バツグンな締め方、プレーンノット。
ちなみに締めた時の長さは、タイの長さにもよりますが、大剣がベルトのバックルに掛かるくらい、が一番バランスが良いと思います。



ボットーネでは創業以来、ただスーツを仕立てるだけでなく、立場や時間、与えたい印象、好み、お持ちのアイテム、似合う色と柄、今と未来のスタイルをトータルで考えた、あなたに最適な戦略的スーツのお仕立てと着こなしをご提案いたしますので、まずはメールで日程をご予約ください。