オーダースーツの着こなし方、結婚式パーティースーツ、新郎衣装タキシードまで、述べ2,000人以上のフィッティング&カウンセリングを行う、オーダースーツコンシェルジュが綴ります。

オーダースーツコンシェルジュ 松はじめのスーツ着こなし方ブログ

イタリア生地と英国生地より糸が少ない?

ガンクラブチェックのコート

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

秋は一体いつだったのだろう?
そう思うくらい急激に冷え込んできたかと思えば、表参道のメインストリートは、電灯祭(イルミネーション)が灯り、毎年恒例の出来事が続くなか、英国のユーロ離脱に続き、アメリカ国旗のような赤いパワータイのトランプ氏が大統領になるという、予測困難な日々。

そんななか、今季仕立て上がりました、ガンクラブチェックのステンカラーコートを早速羽織ってみました。
カシミア100%、ウエイトは350gとややライトなので、
カシミア混のジャケットと、さらにジレを追加しています。



コート ジャケット 着こなし

お久しぶりのMさん、最初はオペラでのタキシードに始まり、スーツが続き、昨日は初のジャケット&パンツ&シャツのトータルコーディネートのご依頼でした。
それから結婚式のタキシードの打ち合わせに、ドーメルのスーツの仕立てが続き、最近は平日ながら充実した日が続いており、お蔭さまで今週末も満席となりました。
 


イタリアのスーツ生地


さて、本日も生地のお話しです。

スーツを仕立てよう、そう思った時にまずは生地を選ぶわけですが、
イタリアの生地とイギリスの生地、或いは日本の生地が出てきて、
さぁどれにします?と言われ、困った経験がある方もいらっしゃるかもしれません。



そのようなことで、実際に生地を選ぼうとした時の参考になれば、と素材の情報もアップしていきます。
イタリアとイギリス、まずはどのような軸が違うのでしょう?
続きを読む

オーダースーツ生地のトレンド、イタリアがリードした理由は?

採寸

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

スーツを仕立てようと、いざテーラーに行くと、最終的には採寸をしてもらう必要がありますが、デザインやディテールも決定する必要があります。ざっくりとして雰囲気があればそれをフィッターに伝え、明確なものがあれば写真や絵、時には現物でそれを伝えると良いと思います。

ところで、サイズ感と並んで一番大きな要素は、生地ではないでしょうか?
同じ形でも生地が変わればまったく別のスーツです。


女性の服は他人と違うことで安心する、
男性の服は他人と一緒で安心する、
これが洋服の社会性です。

パーティに参加した女性がもし自分とまったく同じドレスの女性を見たら、良かった!嬉しい、とはなりません。
男性の場合は、タキシードは全員同じ。
スーツでもボタンがありポケットがあり、ジャケットといってもビジネスシーンなら大幅に他人と異なるものは着用しません。

これが洋服の社会性というわけです。


さて、そのようなこともあってスーツには、生地、素材などにこだわる、細部のディテールにこだわるといって、奥深い世界観があります。 

ところでその素材、生地について、実際にどのように選ぶのか?というと、

・実際のスーツを見て、着て、選ぶ
・着分という、約1着分(3.2m)にカットされた生地を身体や顔付近に当てながら決める 
・バンチやカードサンプルなどを見て選ぶ 

スーツ バンチブック

様々なバンチブックは、見ているだけでも楽しい。


ドーメル カードサンプル

こちらがカードサンプル(ドーメル)


このようにサンプルや実際の服から選ぶことになるのですが、オーダーの場合は実際に着用して選ぶ、というお店は殆どありません。
膨大な生地があり、フィッター(作り手)と相談しながら、最終的な完成形を想像しながら決めていきます。
現物がないからこそ、選択肢が多いわけであります。


実際にオーダーした方の多くは、このバンチと呼ばれるサンプルブックから好みやシーンに合ったスーツ(ジャケット)を選んだご経験があるのではないでしょうか?


本日は、
・バンチブックがどのように選定されてバンチブックの1枚になったのか?
・ちょっと通な用語
・英国、イタリア、日本、それぞれの物づくりの変化は
などをお届けします・・・


 続きを読む

結婚式に列席するシャツの質問

オーダースーツ生地バンチブック

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。
ロンドンからは、ハリソンズオブエジンバラのリージェンシーというバンチもプルミエクリュと並んでリニューアル。
経糸も横糸も双糸、とてもコシがあり、堅牢な仕上がりとなります。

そろそろコートのオーダーの打ち合わせもはじまって、
秋のご結婚式のオーダータキシードの納品も続いております



当サロンには結婚式や各種式典で着用するオーダースーツやタキシード制作のご依頼も少なくないのですが、先日、このような質問を頂戴しました。



結婚式に列席する、50代男性で、少しお洒落をしたいのですが、
イタリアンカラーのシャツ(スキッパーシャツ)を着て、
アスコットタイを衿の外側に巻こうと思っているのですが、
おかしいですか?

今後控えている結婚式は、
親戚の結婚式と、友人のような近しい間柄の結婚式です。
ちなみにこのシャツは購入時にウイングカラーと迷ったのですが。

なかなかネットの情報も色々あり、
よくわからないので思い切って質問させていただきました。
続きを読む

雑誌も間違えていた?スーツ生地の糸番手とSUPER 's本当のトコロと落とし穴

大西基之先生のメンズ素材の基礎知識講座

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

お塩を少々、ここでフライパンにかけさっと炙ります、3分後、できたのがこちら。
そんな解説をつけたならばクッキングスタジオかと錯覚してしまいそうな光景ですが、先生はごそごそと持ってきたボストンバッグを漁り、まるで毎日その説明をしているかのように滑らかに解説しながら、メリノウール羊毛の原毛やアンゴラ山羊の原毛が続々と登場しました。

さすが集まっていたのがテーラーだけあって、自然と手が伸びて触れていたから、もはや職業病であります。私も羊毛を見たときは興奮して、まるで初めてピッティ・ウオモに来た時かのように、脳内にはアドレナリンが溢れていました。

大西基之先生のメンズ素材の基礎知識講座

はじまりました、素材学校、
ボットーネのサロンに、一人、また一人とテーラーやスタイリストが入ってきます。

そしてついに、素材の神、大西基之先生がやってきました。
「あれ?パラブーツだね」と大西先生は偶然同じ靴だった参加者を見つけ、そう言いました。よく手入れされ表情が出たパラブーツが並び、いよいよ講座は開校しました。

7月に第一回を開催して、8月の第一火曜は第二回。
本日からは毎月の特集として、そこで得た情報・知識を発信していきます。
初回は、私たちテーラー、販売員も意外にも間違えている、SUPER XX's(スーパー◯◯と読みます)という表記、それと混同しやすい番手。

チェックボックススーパーと番手は同じです、と書かれた雑誌、さらには書籍まで散見しているのですが


実際には違うのですよね、大西先生・・・



続きを読む

クレリックシャツの着こなしで注意したいポイント

クレリックシャツの着こなし


オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネの松はじめです。

待ちに待ったかどうかは別として、
ついにやってくるのが夏であり、日本の風物詩とでも呼ぶべきか、いよいよ不思議なイベント<CB>がやってきました。

CBと聞いてカルロバルベラ?と連想した方は相当な洋服好きで、
感の良いビジネスマンならばクールビズ?と気づかれたかもしれません。

クールビズで重要になってくるのは、
断固としてジャケットを脱がずネクタイを外さない意思か、
あるいはうまく調和してその中でも最大限センス良く過ごすか、いずれかでしょう。


後者となればジャケットもさることながら、シャツの選定が最重要課題かと思われます。
ところでクレリックシャツというシャツをご存知でしょうか?
衿が白いシャツのことであります。

そもそもなぜ衿が白いか、
ここを知ると一気に着こなしに深みが出るのです・・・ 続きを読む

オーダースーツのお客様インタビュー Vol.2

オーダースーツ お客様

オーダースーツ コンシェルジュ ボットーネです。

本日は、当店のお客様に登場いただきました!
某ジュエリー工房で、リングなどに文字や紋章を彫り込む、専門職の松永様です。

松永様は時々ブティックに呼ばれ、そこでデモンストレーションをする機会があり、
その時にボットーネのオーダースーツを着ていらっしゃるとのこと。


本日は松永様にどうしてボットーネを選んでいただいているのか?をインタビューいたしました。


小寺 沙奈江松永様はジュエリーに関わるご職業ということで、身だしなみも見られる立場になりますものね、実演中でも。

続きを読む
スーツコンシェルジュ
松 はじめ

身なりで、
紳士なあなたを作る。

私たちは、仕立て服を通して、あなたの紳士な服装、紳士な振る舞い、あなたらしいライフスタイルの追求をテーマにしています。

ブログカテゴリー
■スーツの着こなし
  ┗スーツ着こなしのルール
紳士の知識
  ┗スーツができるまで
  ┗スーツの歴史
  ┗生地の柄
  ┗結婚式の服装(男性)
  ┗スーツ小物
  ┗パーティースーツ

仕立てた洋服集

■生地やブランド
  ┗スーツ生地やブランド
  
■アイテム別
  ┗オーダースーツ
                              ┗オーダータキシード
  ┗オーダージャケット
  ┗オーダーシャツ
  ┗オーダーネクタイ
  ┗オーダーコート
  ┗フォーマルスーツ
  ┗ベルベット
     ┗子供スーツ
     ┗新郎タキシード

■ハウトゥ
  ┗スーツのお手入れ
  ┗オーダースーツで失敗しない方法
  ┗ネクタイの結び方
  ┗マフラーの巻き方
  ┗チーフの挿し方
  ┗靴のお手入れ

■スーツで出掛ける
  ┗スーツでグルメ
  ┗スーツの似合うバー
     
■私たちのこと
  ┗ボットーネはこんな会社
  ┗ボットーネのこだわり
  ┗メディア掲載実績
  ┗松はこんなやつ
オーダースーツサロン
ボットーネ公式サイト

営業時間(完全事前予約制)
週末11:00 〜 平日12:00〜 ラストオーダー20:00〜
定休日: 水曜・木曜

Bottoneサロン内観

表参道ヒルズのすぐ裏、
アトリエのようにひっそりとやっておりますので、看板は出していません。 集中して良いお客さまの服を作れるよう、予約制にしています。

オーダータキシード
新郎様の衣装(オーダータキシード)をレンタルと同額でお仕立て。挙式後はスーツにリフォームするサービスです。

新郎様の衣装をレンタルと同額でお仕立て。挙式後はスーツにリフォームするサービスです。

オーダータキシードのお問合せはこちら
お客様の声
オーダースーツ 口コミ

これまで制作したスーツや、お客様から頂いた声です。

line IMG_9998

藤岡弘、様のオーダースーツを制作させていただきました

line

浅草キッドの水道橋博士様のスーツ制作をさせて頂きました

line 篠塚様と

長野五輪ロゴデザイナー篠塚様のオーダースーツを制作させていただきました

山本 裕ノ介 様

山本直純様がお父様であられる、チェリスト&指揮者、山本裕ノ介様の赤いタキシードを制作させていただきました

line ドミニク・ドーメル氏と
ドーメル代表取締役

フランス生地マーチャント、ドーメル代表取締役ドミニク・ドーメル氏にご挨拶させていただきました

lineドーメル テキスタイルデザイナー

ドーメル・テキスタイルデザイナー アイリーン氏にご挨拶させていただきました

line 服部幸之助

クチュールモデリスト 服部幸之助氏主催のパーティーに参加しました

line ホーランドシェリー社 マーク氏

ホーランドシェリー社 極東担当マーク氏がサロンにいらっしゃいました

lineホーランドシェリー社 ブラウン氏

ホーランドシェリー社 テキスタイルデザイナー ブラウン氏と会食をしました

知識やロマン編
スーツの着こなしや楽しみ方

スーツの着こなし方や楽しみ方について書いた過去の記事です。

lineスーツ生地 色・柄・歴史

スーツの生地の色・柄・歴史などについて書いた過去の記事です。

lineスーツの歴史、うんちく

スーツや洋服の由来やロマンなどについて書いた過去の記事です。

line結婚式スーツ・服装 男性

結婚式の時の服装、スーツのルールなどについて書いた過去の記事。

line

スーツ着こなしのルールについて書いた過去の記事。

ハウトゥー編

スーツのお手入れ方法、たたみ方などについて紹介した過去の記事です。

line お洒落なネクタイの結び方・巻き方・締め方

色々なネクタイの結び方について紹介した過去の記事です。

line マフラーの巻き方 男性

色々なマフラーの巻き方について紹介した過去の記事です。

line ポケットチーフの挿し方

色々なポケットチーフの挿し方について紹介した過去の記事です。

line 靴の磨き方 靴磨き お手入れ方法 line

靴磨き方法、靴のお手入れについて紹介した過去の記事です。

メディア掲載実績
子供オーダースーツ
2010.3.23 週刊女性4月6日号
line NHK
2010.3.3
NHK総合 おはようニッポン
line
2010.3.2 NHK BS1 経済最前線
「男性のおしゃれサポートします」
line NKK
2010.02.09
「NHK WORD NEWSLINE」
line 仕立てのいい男には技がある
オルビス メンズスキンケアgarra「仕立てのいい男には、技がある」
line 世田谷テレビ
2008.11 世田谷テレビ
line 一流の技を自宅に
都心に住む「一流の技を自宅に」
ボットーネのプライベートサロンは、完全予約制のあなたスタイルクリニック。オーダースーツやオーダータキシードを、約45日で制作。
スーツコンシェルジュ 松はじめ

  • カウンセリング&採寸 最大120分個別対応
  • 著名人もリピート。表参道の看板のないサロン
  • オーダースーツ 1着102,000円〜
  • まずはメールフォームからご予約下さい











2席だけの小さなオーダーサロンです。ご予約で埋まっていることが多いため、ご着用希望日がある場合はお早目にご相談下さい。
株式会社ボットーネ 表参道
© Bottone Inc.